幻剣 蜻蛉


幻剣蜻蛉 (祥伝社文庫)
幻剣 蜻蛉
(げんけんとんぼう)
戸部新十郎
(とべしんじゅうろう)
[剣豪]
★★★☆☆☆

戸部さんの漢字二文字のタイトルが付いた剣豪もののファンである。余計なものを削ぎ落としたコンパクトな話の中で、剣技の精髄をわかりやすく見せてくれる。

剣豪小説の面白さを再認識させてくれる戸部さんの最新文庫。今回は、一人の剣豪を主人公とした短編集となっている。石川県生まれの作者にとって馴染みの深い、加賀藩の中条流(富田流)の富田一放を主人公としている。富田重政の庶子とされているが、寡聞にして実在かどうかわからないが…。

エラそうな柳生宗矩が、一放にへこまされるのが何とも楽しい。それにしても柳生宗矩というのは、敵役に据えると、スゴ悪で、物語の面白味がぐっと高まるなあ。
柳生と富田ばかりでなく、タイ捨流の丸目蔵人佐長恵やニセ宮本武蔵、山田浮月斎(『柳生武芸帳』でおなじみ)、松山主水なども関わってくる。

物語●加賀藩取り潰しを狙う幕府。将軍家のために、また〈治国・平天下の剣〉の成就を望む将軍家指南役・柳生宗矩。宗矩が密かに恐れた剣士がいた。大坂の陣で五十人の敵を斬りながら無欲恬淡な男、加賀藩中条流の富田越後守重政の庶子・一放(いっぽう)だ。謎の剣豪の技が冴える連作小説。

目次■頓閑|嵐勢|白露|手向|遊雲|蜻蛉|鏡見

カバーイラスト:菊池誠
カバーデザイン:中原達治
時代:慶長六年八月。
場所:金沢、人吉城下、道三河岸、目黒、一乗谷、嵯峨野、肥後ほか。
(祥伝社文庫・552円・00/09/20第1刷・303P)
購入日:00/09/24
読破日:00/11/09

Amazon.co.jpで購入

コメント

コメント