乱世が好き 上・下


乱世が好き〈上〉
乱世が好き 上・下
(らんせがすき)
岳宏一郎
(たけこういちろう)
[戦国]
★★★☆☆☆

この本はバーゲン本コーナーで手に入れたのだが、作者に何だか申し訳なくも思われる。黒田官兵衛を描く戦国時代小説。

黒田官兵衛と聞くと、司馬遼太郎さんの『播磨灘物語』(未読だが、昔、ラジオドラマで何度か聞いたことがある)を思い出す。

『群雲、関ヶ原へ』の岳さんが描くところの歴史長篇は、官兵衛と荒木村重との奇妙な友情を軸に、秀吉、信長、光秀、柴田勝家、竹中半兵衛、別所長治、中川瀬兵衛、高山右近ら戦国武将たちの群像に俯瞰的にスポットを当てている。

とくに、荒木村重と秀吉、信長の人間像を丹念に描くことにより、逆に官兵衛の生き様が浮きあがってきたように思われる。

物語●播州御着(ばんしゅうごちゃく)の中堅大名・小寺政職(まさもと)の重臣・小寺(黒田)官兵衛が、美濃岐阜に入ったのは、天正3年のことだった。京より東へ初めて脚を伸ばした官兵衛は、畿内の大勢を制し、天下一統を目前に控えた織田信長に謁見した。その際に、信長から佩刀を受け取り、「本願寺を片付けたら、播州へ羽柴藤吉郎を遣わす」「功を樹てたら、ひとかどの大名に取り立ててやる。はげめ」と声をかけられた…。

目次■密使/二年待て/約束/中国入り/風の中/明るい場所へ/迷走する季節/闇の底/希望/冬の花(以上上巻)|天正十年初春/積乱雲/不慮の死/飛翔/虎奔る/助走/賤ヶ岳/栄光のために/流星のごとく/関ヶ原(以上下巻)

装幀:蓬田やすひろ
時代:天正三年(1575)七月下旬
場所:美濃岐阜、近江長浜、播州御着、姫路、三木、安土、書写山、有岡城、播州平井山ほか
(毎日新聞社・各1,600円・各97/10/25第1刷・各261P)
購入日:00/10/07
読破日:00/12/28

Amazon.co.jpで購入 [文庫あり=『軍師 官兵衛』上・下に改題]

コメント

コメント