仮面疾風


仮面疾風
(かめんしっぷう)
大久保智弘
(おおくぼともひろ)
[伝奇]
★★★☆☆☆

読もう読もうと思っていてなかなか読めない作家がいる。『水の砦』で時代小説大賞を取った大久保さんもその一人だ。

この作品は、太閤秀吉治世下を舞台に、名工・龍右衛門の遺した「天下の三面」と呼ばれる幻の能面をめぐる伝奇小説。その能面の行方を追う、主人公は、若き能楽者・浩次郎。“砕動風(さいどうふう)”と呼ばれる秘伝の足捌きを遣い、能面の真贋を見極める眼を持っていた。

“砕動風”は、確か、『水の砦』でも出てきた体術のように記憶する。

太閤秀吉、石川五右衛門、柳生宗厳・宗矩の父子、金春太夫安照らが登場し、スケール感を出している。

物語●浩次郎は、聚楽第での演能で、師の金春太夫安照(こんぱるだゆうあんしょう)の後見を務めた。演能の後、安照より、名工龍右衛門(たつえもん)の作といわれる「天下の三面」と呼ばれる幻の女面を探し求めるように、命を受けた。龍右衛門の「三面」には天下を鎮める力があり、その「三面」を天下人の関白秀吉の手に渡さなければならないという…。

目次■序章/聚楽第/天下の三面/ややこ踊り/砕動風/真贋の極め/蘭奢待/隠し砦/伊賀の乱/柳生の剣/秘曲/陰鬼/式部塚/由来記/襲撃/関ヶ原/一乗谷/炎の舞台/小田原の陣/太閤能/闇の呼ぶ声/終章

装幀:芹澤泰偉
時代:天正十五年(1587)
場所:京・聚楽第、鴨の河原、大和・東大寺、柳生の里、小波多、伊賀の喰代ほか
(講談社・1,900円・00/08/17第1刷・296P)
購入日:00/10/22
読破日:00/12/01

Amazon.co.jpで購入

コメント

コメント