鼠、江戸を疾る


鼠、江戸を疾る (角川文庫)
鼠、江戸を疾る
(ねずみ、えどをはしる)
赤川次郎
(あかがわじろう)
[ピカレスク]
★★★★

『三毛猫ホームズの推理』など、現代ミステリー小説の巨匠、赤川次郎さんの初の時代小説。赤川作品は学生時代によく読んでいたので、懐かしい思いでいっぱい。

本編は、鼠小僧次郎吉を主人公にした連作形式の時代小説。次郎吉の妹小袖が小太刀の達人として登場して、物語にアクションと彩りを添えている。

読んでみると、赤川作品らしい軽快さというかある種の明るさと、親しみやすさ(人情味)が随所にみられて読み味もよい。

時代や地名などを明示しない手法を取っているので、時代小説を読み慣れていない人や苦手な人にもおすすめである。この手法は、ショートショートの名手で星新一さんが書かれた時代小説や、最近流行の妖怪ファンタジー時代小説でみられて、新しい読者獲得に効果をあげている。

解説を女優の二木てるみさんがされているのが興味深い。昭和の時代に、映画やテレビドラマで活躍されたほか、アニメ「ラ・セーヌの星」で声優もされていた。(懐かしい)
ちなみに二木さんはGREEでブログをされている。

主な登場人物
次郎吉:盗賊鼠小僧。通称、甘酒屋次郎吉という遊び人
小袖:次郎吉の妹で、小太刀の名手

「鼠、起つ」
杉坂浩衛門:杉坂藩主
りく:浩衛門の奥方
川口伊三郎:杉坂藩士
小太郎:川口家の若党

「鼠、泳ぐ」
喜平次:次郎吉の昔なじみの男
登美:夜鷹
十筒屋の芳兵衛:隠居
お種:廻船問屋弥彦屋の後妻
森脇:藤堂藩士

「鼠、化ける」
市介:幇間
作兵衛:染物屋の主人
米原広之進:小袖の道場仲間
とみ:染物屋の下女
八重:作兵衛の囲い者
与兵衛:米問屋の跡取り息子

「鼠、討つ」
総兵衛:賭場の胴元
立花浩之介:父を殺され、敵討ちの旅に出た津久井藩士
おりん:立花家の下女
和泉定五郎:敵持ちで、役者橘屋定五郎

「鼠、騒ぐ」
弥兵衛:小間物屋<鐘八>の主人
すが:弥兵衛の娘
良安:茶道の師匠
田上三郎:新田藩士
美雪:新田藩江戸屋敷の女中

「鼠、落ちる」
喜作:直訴を目論む月ヶ瀬村の百姓四人組の一人
民吉:直訴を目論む月ヶ瀬村の百姓四人組の一人
彦三:直訴を目論む月ヶ瀬村の百姓四人組の一人
米造:直訴を目論む月ヶ瀬村の百姓四人組の一人
お種:旅籠の女中

物語●「鼠、起つ」藩主の杉坂浩衛門が国に帰っていない江戸屋敷に忍び込んだ次郎吉は、藩主の奥方が密会相手の若侍に妊娠を告げる場面に出くわした…。

「鼠、泳ぐ」次郎吉は、高札で幼なじみの喜平次が押込み強盗の手配を受けていることを知った。しかし、次郎吉は喜平次が本物の下手人でないことを知っていた…。

「鼠、化ける」面白半分に心中現場の土手を見に行った染物屋の主人作兵衛と幇間の市介は、色白で誠に美しい女に出会った。作兵衛は誘われるまま、市介を後に残して女の家に行った…。

「鼠、討つ」賭場で儲かった次郎吉は、その帰り道、倒れそうな武家奉公の娘おりんから、三両で体を買ってくれとお願いされる。事情を聞いた次郎吉は…。

「鼠、騒ぐ」茶会で使う高価な茶器を借りに行った、小間物屋<鐘八>の娘すがは、帰りが遅くなった夜道で、何者かに襲われる。あわやのところを、次郎吉の妹で小太刀の名手、小袖に助けられる…。

「鼠、落ちる」次郎吉は飯屋で、命を懸けて直訴を企んでいる四人組の百姓を見かける。先に店の外に出て、やれば間違いなく斬られる駕籠訴を阻止した…。

目次■鼠、起つ|鼠、泳ぐ|鼠、化ける|鼠、討つ|鼠、騒ぐ|鼠、落ちる|解説 二木てるみ

カバーイラスト:宇野信哉
カバーデザイン:鈴木久美(角川書店装丁室)
解説:二木てるみ
時代:明記されず
場所:ほとんど明記されず、藤堂藩下屋敷、ほか
(角川書店・角川文庫・514円・2009/12/25第1刷・276P)
入手日:2012/06/19
読破日:2012/06/25

Amazon.co.jpで購入

コメント

コメント