風の如く 水の如く


風の如く 水の如く (集英社文庫)
風の如く 水の如く
(かぜのごとくみずのごとく)
安部龍太郎
(あべりゅうたろう)
[戦国]
★★★★

『関ヶ原連判状』(新潮社)に先立って、安部さんがさまざまな謎をもつ関ケ原の戦いに新しい解釈で挑んだ歴史小説。黒田如水・長政、本多正信・正純ら戦国武将の親子の情を絡めて、虚々実々の政治駆け引きが堪能できる。

家康の腹心・正純が関係する武将らを尋問してまわり、真相を明らかにしてゆく方法が面白く、明らかになっていく真相が面白い。

物語●関ケ原の戦い後、徳川新政権は恩賞問題に苦悩していた。多くの武将たちから届けられる訴状のなかに「黒田如水に謀反の疑いあり」というものがあった。これを重く見た家康は、本多正純にその真偽を確かめるように命じた…。

目次■第一章 治部失脚/第二章 家康暗殺/第三章 加賀征伐/第四章 上杉挙兵/第五章 小山会議/第六章 両軍激突/解説・縄田一男

カバー:西のぼる
解説:縄田一男
時代:慶長五年(1600)年
場所:豊前中津、天満、大和郡山、大坂城西の丸、関ヶ原ほか
(集英社文庫・517円・99/03/25第1刷・340P)
購入日:99/03/21
読破日:99/04/02

Amazon.co.jpで購入

コメント

コメント