江戸の女性記者、田沼意知殺害の真相に迫れるか?

篠綾子(しのあやこ)さんの文庫書き下ろし時代小説、『絵草紙屋万葉堂 鉢植えの梅』が小学館文庫より刊行されました。 「更紗屋おりん雛形帖」シリーズで注目される、篠さんの最新シリーズです。 本書の主人公、絵草紙屋の娘・さつきは、読売(瓦版)の発行人兼記者として、老 …

重厚な歴史小説、剣豪小説で活躍。直木賞作家津本陽さん、死去

直木賞作家で、重厚な歴史小説や剣豪小説で活躍された作家の津本陽(つもとよう)さんが、5月26日に誤えん性肺炎のため死去されました。享年89歳。 津本さんは、和歌山県生まれで、東北大学を卒業。文芸同人誌「VIKING」で活動し、1978年、和歌山・太地の江戸時代 …

『文蔵 2018.6』の特集は、捕物帳、時代ミステリの魅力

『文蔵 2018.6』(PHP研究所・PHP文芸文庫)の特集は、大江戸八百八町には謎がいっぱい! 捕物帳、時代ミステリの魅力 です。 文芸評論家の末國善己さんが、「まずはこれ! オーソドックスな捕物帳六選」「猫に女薬師!? 作品を盛り上げる一風変わった探偵たち …

歯無しになった人々につけ込む悪党どもの所業を暴け!

和田はつ子さんの文庫書き下ろし時代小説、『口中医桂助事件帖 毒花伝(どっかでん)』が小学館文庫より刊行されました。 長崎仕込みの知識で、虫歯に悩む人たちを次々と救う口中医・藤屋桂助が活躍する江戸の歯医者さんシリーズ第15弾です。 桂助は、虫歯によって歯無しにな …

「2018年5月の新刊 下」をアップ

2018年5月21日から5月31日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リスト「2018年5月の新刊 下」を掲載しました。 今回注目しているのは、新潮文庫の新刊です。 玉岡かおるさんの『天平の女帝 孝謙称徳: 皇王の遺し文』が刊行されます。 「女に天皇は務 …