明かされる“風の市兵衛”のルーツ。シーズン2へ突入

暁天の志 風の市兵衛 弐辻堂魁さんの大人気シリーズ「風の市兵衛」の最新刊、『暁天の志 風の市兵衛 弐』が祥伝社文庫から刊行されました。

算盤の腕を買われ神田青物市場に職を得た唐木市兵衛は、高熱の童女を助けたことから浪人親子と親しくなる。
そんな折、吉野山金峯山寺から修験者が市兵衛を訪ねてきた。祖父・忠左衛門に縁をもち、市兵衛も知らない出自を明かすという。逡巡の末、市兵衛は急遽、吉野へ。
一方、江戸では一刀のもとに首を刎ねる連続強盗が発生。だが、犯行の手がかりは掴めず……。


サブタイトルに「風の市兵衛 弐」と付いているように、本作品で物語は新展開を見せます。TVドラマでいうところの、「シーズン2」に突入します。
なお、『暁天の志』の「暁(ぎょう)」は、「曉」の字が使われています。

物語は、算盤の腕を買われて、市兵衛が派遣された先は、神田青物市場の《御納屋(おなや)》になります。神田青物市場の様子が詳細に描かれていて興味深いです。

 御納屋は、江戸城の御膳所御賄所の御用を承る役所である。
 ただし、御納屋に幕府の役人は出張せず、多町、永富町、連雀町の青物三カ町の青物問屋組合を中心にした商人九十四人が、三年交替の三人ずつで、朝から夕七つまで御納屋につめて御用にあたり、配下に書役二人、青物の洗い方五人、乾物撰り方五人、さらに、ご城内へ運送する三十人の人足を雇い入れていた。
 
(『暁天の志 風の市兵衛 弐』P.27より)


さて、我々読者は、市兵衛について、十三歳のとき、父・片岡賢斎が亡くなったとき、祖父・唐木忠左衛門の手により元服して、片岡才蔵から唐木市兵衛に名を変えて、上方へ上り、奈良の興福寺の門を叩いて、剣の修行に明け暮れたことを知っています。

ところが、なぜ、少年のうちに家を出なければならなかったのか、修行先が興福寺なのか、また、幼い頃に亡くなったという市兵衛の母・市枝はどんな人だったのか、伏線として物語に触れられながらも、これまで語られることがなかった市兵衛の出自や生い立ち。

本編では、吉野山金峯山寺からやってきた修験者・猿浄によって、唐木忠左衛門の妻(市兵衛の祖母)が、吉野出身の梢花という名であることなど、市兵衛のルーツが明らかにされていきます。

猿浄の話に驚愕する市兵衛は、職を辞めて吉野行きを決心します。



一方、市兵衛は、御納屋で書役の先輩・照助に連れられて行った、青物新道の酒亭《蛤屋》で、客としてやってきた浪人者・信夫平八とその幼い息子小弥太、娘織江に興味を持ちます。

市兵衛は仕事帰りに、医者を呼びに出た小弥太と出会い、織江が高熱を発して起きられないことを知り、信夫親子に関わっていきます。
何の打算のない、市兵衛の無償の優しさに癒されます。

捕物では、一刀のもとに首を刎ねる連続強盗の下手人を追います。
探索するのは、《鬼しぶ》の渋井鬼三次と岡っ引の助弥ではなく、南町奉行所臨時廻り同心の宍戸梅吉と老齢な岡っ引の文六があたります。
文六の元で、渋井の別れた女房の息子・良一郎が手先として修行しています。

「そうですか。わかりました。そうそう、これも良一郎から聞きました。唐木さんは、風の市兵衛と言うんですってね。なるほどね。風は見えねえが、確かに吹く。優しかったり、寂しかったり、悲しかったり、ときには怒り狂い、恐ろしいほどに強かったりしてね。そんな風に敵うやつはいねえ。それをあの人から聞いたって、良一郎が言ってましたよ」
「文六親分、強さが輝けば影ができます。風は輝きを求めません。だから影もなく、誰も敵わないのでしょうね。人は風になれませんが」
 
(『暁天の志 風の市兵衛 弐』P.229より)


さて、『暁天の志』は、市兵衛をさらに詳しく知る機会を与えてくれたばかりか、新しい登場人物を加えて、新展開の幕開きのふさわしい作品として仕上がっています。
市兵衛の今後の活躍ぶりがますます楽しみになってきました。

◎書誌データ
『暁天の志 風の市兵衛 弐』
著者:辻堂魁
祥伝社・祥伝社文庫
初版第1刷:2018年2月20日
ISBN978-4-396-34392-7
本体660円+税

カバーデザイン:芦澤泰偉
カバーイラスト:卯月みゆき
322ページ

●目次
序章 大峰奥駈
第一章 神田青物市場
第二章 俎板橋
第三章 まほろば
終章 父と子

■Amazon.co.jp
『暁天の志 風の市兵衛 弐』(辻堂魁・祥伝社文庫)



謹賀新年 二〇一八年戊戌

謹賀新年あけましておめでとうございます

新しい年を迎えて、気分も新たに物事に取り組んでいこうと思います。
この正月休みはとくに予定もなく、「読み正月」で時代小説三昧といきたいところです。

犬同心 奔る! お蘭と研吾今年の干支である犬が活躍する時代小説を紹介します。

鷹井伶さんの『犬同心 奔る! お蘭と研吾』は、生類憐みの令が撤廃された直後の江戸の町を舞台にした捕物小説です。
心優しく、正義感溢れ、人の善を信じて疑わない若き町奉行所同心犬飼研吾とその愛犬お蘭が、父の死の謎を追います。
白い紀州犬のお蘭が愛らしくて和犬好きにはたまりません。

稲葉稔さんの『武者とゆく』は、手習い所の師匠桜井俊吾と愛犬が活躍す時代小説シリーズ。
二天一流の遣い手で肥後熊本藩の剣術指南だった俊吾が役を解かれ、市中に手習い所を開くことなります。大火で妻子を失い、拾った子犬を武者と名づけて一緒に暮らしていきます。その出会いのシーンから引き込まれます。

いろいろな犬と人の物語を読みたい方には、澤田瞳子さんの選による時代小説アンソロジー『犬道楽江戸草紙 時代小説傑作選』があります。司馬遼太郎さん、白石一郎さん、井上ひさしさん、澤田ふじ子さんら時代小説短編が読めます。

今年は、どんな時代小説と出合うことができるのか、今からワクワクしています。


■Amazon.co.jp
『犬同心 奔る! お蘭と研吾』(鷹井伶・招き猫文庫)
『武者とゆく(Kindle版)』(稲葉稔・講談社文庫)
『犬道楽江戸草紙 時代小説傑作選』(澤田瞳子編・徳間文庫)


ここまで書いてきて、前に同じように犬をテーマにブログを書いたことを思い出しました。こちらもどうぞ。

捕物犬金剛丸 深川門仲ものがたり|時代小説SHOW
2006-04-30 浪人と犬が主人公の時代小説|ほぼ日刊時代小説
2006-03-31 紀州犬と狆と唐犬 |ほぼ日刊時代小説
2006-01-23 藤沢周平作品と犬|ほぼ日刊時代小説


印旛沼干拓と天保の改革の闇に迫る、時代エンターテインメント

化土記PHP文芸文庫から刊行された、北原亞以子(きたはらあいこ)さんの『化土記(けとうき)』を紹介します。

著者の北原さんは、「慶次郎縁側日記」シリーズや「深川澪通り木戸番小屋」シリーズなど、人生の機微や男女の恋愛を巧みな筆致で切り取り、良質な一幕物の舞台の描出する、市井人情小説の名手として知られています。

本書は、そんな著者が天保の改革を題材に、印旛沼干拓をめぐる人々の人間ドラマを描いた長編歴史時代小説です。

1994年に月刊誌「小説歴史街道」で連載をスタートし、同誌休刊後、2001年に「日本農業新聞」で連載の再スタートし、2013年に亡くなった著者への追悼の意を込めて、2014年に単行本化されて、2017年11月に文庫化されたという、構想20年を経て誕生した異例の作品です。

老中水野忠邦配下で、天保の改革の事業の一つ、印旛沼干拓に賛成していた勘定吟味役の栗橋伊織が何者かに斬殺される。故あって廃嫡されて浪人となり、名も槇緑太郎に変えていた伊織の兄は、弟が死んだという噂を聞いて栗橋家に駆け付ける。
かつての許嫁で、伊織の妻となっていた花重と久々に再会し、秘めた思いが交錯する。
弟の理不尽な死に陰謀の気配を感じ取り、二人は敵をおびき出すために、仲間たちと天保の改革で干拓が進む印旛沼に向かう……。


天保の改革を描いた時代小説は少なくありませんが、本書ほど、真正面から印旛沼干拓にスポットを当てた作品はほかに思い出せません。

タイトルにある「化土(けとう)」という耳慣れない言葉は、物語の中で次のように説明されています。

「ばかな。おぬしは、あの周辺の土を知っているのか。化土だぞ、土の化け物だぞ。川を掘って、沼の水を江戸湾へ落とすというが、できるわけがない。化土は、掘るそばから崩れて、その溝を埋めてしまうのだ」

(中略)

 化土――へどろのおそろしさは、緑太郎も知らぬわけではない。土留めの杭も蛇籠も役に立たず、掘ったあとを、泥水が流れ込むようにへどろが埋めてゆく。干拓が幾度も失敗に終わっているのは、この土のせいだった。

(『化土記』P.122より)


印旛沼の干拓は、天保の改革以前の、水害の防止と新田の開発を目的に、享保期と天明期にも行われていずれも失敗しています。
水野忠邦があえて印旛沼に手を付けたのは、外国船が頻繁に日本の海にやってきて、お隣の清国ではアヘン戦争が起こり、海の防備と江戸への米の回漕ルート確保を喫緊の課題と考えていたためでした。
本書を読んでいると、そんな歴史背景が伝わってきます。

物語は、天保十四年(1843)三月の夜、勘定吟味役の栗橋伊織が何者かに斬殺される事件から始まります。

理不尽な死を遂げた伊織の死の謎を解き、その遺志を継ぐために、兄の雄太郎(槇緑太郎)と伊織の妻花重と、事件の鍵を握る印旛沼に向かいます。

質店の用心棒を務める録太郎の仲間で、妓夫の八十吉、遊女のおはん。
伊織が斬殺される場を目撃し、甲州で起きた一揆(郡内騒動)の首謀者の一人、犬目の兵助は、録太郎らの仲間に加わります。
伊織の敵に雇われた無頼の浪人、続兵馬と、貧乏の旗本の息子だった福沢又八郎。
自称・十一代将軍家斉の落胤・千代丸と、千代丸の付き人で生き別れた妹おしんを探す京弥の二人組。
千住の旅籠の飯盛女・お長とその連れで元大店の若主人矢之吉と、二人を追う貧乏旗本の娘で、矢之吉の女房・調。
録太郎の昔馴染みで、印旛沼普請の手伝いを命じられる庄内藩の藩士小野田龍三郎。
庄内藩の農民の兄妹に助けられるロシア人の浦次こと、ウラジミール・マルコフ。

いろいろな人物たちが印旛沼に引き寄せられるように集まり、複層的に物語は展開していきます。
それぞれの人物の言動が天保という、幕末目前の激動の時代を活写していて興味深く読み進めることができます。

また、かれらが織り成す群像劇は、シェイクスピアの『間違いの喜劇』のようなおかしさを醸し出し、「天保の改革」の歴史的な背景を物語に取り込みながらも、良質なエンターテインメント小説に変えています。

なお、作品の舞台となるのは、印旛沼普請場の入り口となる、成田街道の大和田宿(現在の千葉県八千代市)になります。
印旛沼は1960年代末の印旛放水路(新川・花見川)の完成により、中央干拓地が造成されて、沼の面積は半分以下に縮小されています。


■Amazon.co.jp
『化土記』(北原亞以子・PHP文芸文庫)

印旛沼干拓|ウィキペディア


「信長の妹が俺の嫁」を推薦――戦国をVR体験できる歴史ファンタジー

「信長の妹が俺の嫁」特製帯推薦文コメントフロンティアワークスのノクスノベルスの人気シリーズ「信長の妹が俺の嫁」シリーズに、時代小説家や文芸評論家に交じって、私、理流も推薦文を寄せました。

「信長の妹が俺の嫁」は、井の中の井守さんの作品で、ネットで450万人を熱中させた新感覚の戦国歴史ファンタジーを書籍化したものです。

時代小説家の谷津矢車さん、幡大介さん、新美健さん、文芸評論家の細谷正充さん、伝奇時代劇アジテーターの三田主水さんと並んで、推薦コメントを帯に掲載しています。

「戦国をVR体験できる歴史ファンタジー」

歴史好きの学生・深井長政は、試験勉強中に寝落ちして目覚めると、戦国大名の浅井長政になっていた。織田信長の妹市姫を嫁に迎えて、充実した新婚生活の一方、現代の知識を駆使して、敵の侵略から領地を守り、家臣たちと絆を深めて領主としても辣腕を揮う。
ところが、長政がタイムスリップしたのは過去ではなく、魔物が棲む、史実と少し違うパラレルワールドな戦国時代だった。
義兄信長と協力して、敵軍よりも恐ろしい魔物を退治し、市姫との生活は守れるのか。
史実と空想、そして妄想のバランスが絶妙! 戦いと愛に満ちた戦国時代を存分にVR(バーチャルリアリティ)体験できる、予測不能なストーリー展開に大興奮の歴史ファンタジーだ。


本書を書店店頭で見かけたら、ぜひ手に取って、帯の裏も見てください。

本書は、ライトノベルを卒業した、20代~50代の男性を読者対象にしているために、青年向けの暴力や性表現にも踏み込んでいます。
表紙装画や挿絵は、イラストレーターの山田の性活が第一さんが、作品の世界観をビジュアル化しています。時代小説が苦手という若い読者にもおすすめです。

■Amazon.co.jp
『信長の妹が俺の嫁 戦国時代で愛する妻と楽しく生きよう!』
『信長の妹が俺の嫁 2 戦国時代に架ける心と明日』
『信長の妹が俺の嫁 3 戦国時代に芽吹く命と散る命』


吉原を舞台に、凛として生き抜く女性の波瀾万丈の物語

滔々と紅志坂圭(しざかけい)さんの第1回本のサナギ賞優秀賞受賞作品、『滔々と紅(とうとうとべに)』を紹介します。

天保八年八月、飢饉にあえぐ村から、九歳の少女、駒乃が女衒の伊佐治の手によって、江戸吉原の遊郭、扇屋へ年季奉公させられる。駒乃は、吉原のしきたりに抗いながらも、手練手管を駆使する人気花魁、艶粧(たおやぎ)へと成長する。
忘れられない客との出会い、予期せぬ悲劇。苦界、吉原を生き抜いた彼女が下す決断とは……。


本書は、ビジネス書出版で知られるディスカヴァー・トゥエンティワンが、文芸に新風を起こすべく立ち上げた新人賞「本のサナギ賞」の第1回(2014年)の受賞作です。

本のサナギ賞は、選考委員に全国の書店員が入っていることと、文芸とライトノベルの中間の読み物という新領域を対象にしているという特徴があります。

江戸吉原の遊廓を舞台にした、この時代小説が選ばれたことは、面白さ、リーダビリティーの高さ、読者を感動させる力を示すものです。

 路の行く手に転がる屍骸一つ、二つ、三つ……行くにつれて数は増え、数えることが無意味と思われるほどとなった。
(中略)
 屍骸には無数のカラスが群がり、肉を啄み目を穿る。唇、鼻を引きちぎる。暗闇のごとく渦を巻くハエ。古い屍骸、新しい屍骸が累々と連なる。旅人を待ち、物乞いをしながら力尽きた周辺の村人であろう。性別さえもわからぬほどに腐り果て転がる。
(『滔々と紅』P.10より)


物語は、女衒(人買い)の伊佐治が吉原の遊郭への年季奉公(身売り)をする娘を引き取りに、東北の寒村にやってくるところから始まります。そこは、大飢饉のため、人が人を殺してその肉を貪り食うまで荒廃し、地獄絵が繰り広げられています。

主人公の駒乃は、母親のヌ衣によって、女衒の伊佐治に売られます。それは、地獄のような場所から娘を生き延びさせるための苦渋の判断でした。

苦界、吉原の遊郭、扇屋へ売られた駒乃は、「しのほ」という名を与えられ、禿(かむろ)と呼ばれる花魁に養われる部屋子になります。翡翠(かおとり)花魁の禿となった、しのほは、持ち前の気の強さで、周囲に抗いも次第に吉原の水に慣れていきます。

 客に「なんだかガリで、まるでカトンボみてぇじゃねえか」と一番気にしていることを突かれて途端にお頭へと怒りが迸った。
「カトンボではないわね。しのほじゃね。本当は駒乃じゃけど」と顔を真っ赤にして突っかかった。
(『滔々と紅』P.88より)


多くの女郎たちとの別れに遭遇し、女郎としての手練手管を身に付けていき、「しのほ」から引込新造になり「明春(あけはる)」と名を変え、さらに、花魁「艶粧(たおやぎ)」と、駒乃は出世していきます。

「はあ、わっちの両親かね?……そんなお方が確かにおりんした。おりんしたがが……わっちが村を出る少し前に親父様は死にましたわね。(中略)お袋様はわっちを女衒に売った後、どうなったかわかりません。村を出たのか、そこで餓死しなさったか、もうなんの音沙汰もありません。今じゃ家へ帰る道も忘れんした」
「艶粧姉さんも、わっちといっしょでひとりぼっちでありんすか?」
 艶粧は風にそよぐように首を振った。
「いいえ、わっちはひとりぼっちではありんせん」
(中略)
「そうでありんすか。ひとりぼっちはわっちだけでありんすね」
「いえ、なつめもひとりじゃありません。わっちの家族はなつめでありんす」
(『滔々と紅』P.240より)


花魁となった艶粧には、なつめという名の禿を抱えます。山賊に家族を皆殺しにされてひとりぼっちのなつめを家族同様に育てます。

「滔々と」とタイトルに付いているように、水がよどみなく流れていくように物語は展開していきます。苦界と厳しい状況下で、遊女たちの死も日常的なものとして描かれていますが、艶粧の目線を通すことであるがままに受け入れられます。

商家の跡取り息子、会津藩士、小間物屋の主人、旗本の嫡男など、艶粧は多くの客と出会い、やがて、人生を変える人、医者を志す若者・飯島林太郎とも出会います。
そして、艶粧は、ある大きな決断を下すことに……。

本書が多くの人におすすめの理由は、遊廓を舞台に遊女を主人公にしながら、性行為の描写がまるでない点(その点を期待されている方には残念かもしれませんが)もリーダビリティーの良さの一つに挙げられます。遊女の手練手管を表現しながらも、ドロドロとした男女の描写がないので、安心して読めるエンターテインメント作品に仕上がっています。

志坂さんは、本書が時代小説のデビュー作で、2作目は江戸の捕鯨を描いた『沖の権左』があります。こちらもおすすめです。

■Amazon.co.jp
『滔々と紅』
『沖の権左』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)