「2017年4月の新刊 下」をアップ

乗合船 慶次郎縁側日記2017年4月21日から4月30日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リスト「2017年4月の新刊 下」を掲載しました。

今回注目するのは、新潮文庫です。

北原亞以子さんの『乗合船 慶次郎縁側日記』は、2013年に逝去した著者の傑作シリーズの最終巻です。

かつて「仏」と呼ばれた腕利き定町廻り同心森口慶次郎は、最愛の娘を不幸な事件で亡くした傷を心に隠し、家督を婿養子の晃之助に譲り、根岸で隠居の身。今日も江戸の市井の人々の苦しみに耳を傾け、解決のみちすじをさりげなく示すのだった。そんな慶次郎の元に、婿養子の晃之助が急襲されたとの一報が届くが……。


これで「慶次郎縁側日記」シリーズの新作が読めなくなると思うと、寂しさが募ります。
いつも以上に作品の世界に浸っていたいと思います。

青山文平さんの『春山入り』は、藩命により友を斬るための刀を探す武士の胸中を描く表題作をはじめ、短篇6篇を収録した珠玉の武家小説集。『約定』(新潮社・2014年8月刊)を改題したものです。

■Amazon.co.jp
『乗合船 慶次郎縁側日記』
『春山入り』


→2017年4月の新刊 下

南町奉行所のコロンボ。見破り同心の推理が冴える

見破り同心 天霧三之助誉田龍一(ほんだりゅういち)さんの文庫書き下ろし時代小説、『見破り同心 天霧三之助』が徳間文庫から刊行されました。

質屋の三浦屋六兵衛が、離れで出刃包丁により惨殺された。三浦屋にとっては、娘・佐代が旗本の嫡男小屋敷多聞との婚礼を間近に控えた折の惨事だった。
南町奉行所臨時廻り同心、天霧三之助(あまぎりさんのすけ)は、同僚で定町廻り同心の結城栄二郎と探索に乗り出す。六兵衛の亡骸の不自然さに気付いた三之助は、下手人像を絞り込み追い込んでいく。
だが、そんなさなかに、六兵衛が死んだ同じ離れで第二の殺しが起きた……。


本書は、ミステリーで倒叙(とうじょ)ものといわれるスタイルを取った捕物小説です。
まず、最初に犯人が殺人などを犯し、それが成功したかに見えた時点で、今度は逆に警察や探偵の側が捜査を開始して、犯行を暴き、事件を解決するというもので、ストーリー展開が普通のミステリーと逆のために、倒叙と呼ばれています。
テレビドラマの『刑事コロンボ』や『古畑任三郎』が有名です。

さて、『見破り同心 天霧三之助』に話を移しましょう。

主人公の天霧三之助は、「体つきもそうだが、顔も細長く、馬面とはかくあるべしという面構え」で、「長い顔に、小さな目、そして長い鼻、更に厚ぼったい唇が載ってい」て、「穴子のようだ」と陰口をたたかれています。

剣術はからきし駄目で、町廻りも怠ける、はた迷惑な男ですが、一つだけ頭抜けた才を持っています。
今まだ担当した数多くの事件で、下手人がつく嘘や罠を見破り必ず捕縛してきました。それゆえ、いつしか奉行所内では、「見破り三之助」と呼ばれるようになっています。

「どう思いますか」
「どうとは、どういうことだ」
「いや、ですから、その傷をどう思うかです」
 多聞は首を捻った。
「言っていることがよく解せぬが」
「いや、だって先ほどは鋭いことおっしゃったじゃないですか。傷口の太さから出刃包丁だって」
「そうだったな」
「でも、この傷はどうでしょうか」
「どうだろうな」
「あれ、よく見えませんでしたか。もう一度お見せしましょうかね」
(『見破り同心 天霧三之助』P.73より)


まさに、刑事コロンボといったところで、操作方法も、コロンボのように、あの手この手で下手人を追い詰めていきます。丁々発止のやり取りが見どころのひとつです。

剣術も体術も奉行所内で一、二を争う腕前で外見もいいが、推理下手な栄二郎との組み合わせが絶妙です。三之助の推理の冴えの引立て役となっています。
二人に、栄二郎の姉で、八丁堀小町といわれた美貌を持ちながら、気の強さから出戻ってきたお光を加えた、やり取りが面白く自然と笑みがこぼれます。

倒叙ものという難しいミステリー形式を取りながら、緊張感とユーモアをもって最後のページまで一気に読ませてくれる、楽しみな捕物シリーズが誕生しました。

■Amazon.co.jp
『見破り同心 天霧三之助』


悲運の英雄、源為朝の波瀾万丈の冒険ロマンが、現代に甦る

私家本 椿説弓張月平岩弓枝さんの、『私家本 椿説弓張月』が新潮文庫から刊行されました。

武勇に優れ過ぎたために信西(藤原通憲)の妬みを買い、京の都を追われた、眉目秀麗にして堂々たる偉丈夫の源為朝。美しい鶴に導かれ、肥後国・阿蘇の宮にたどり着き、最愛の妻となる女性・白縫と巡り合う。
しかし、過酷な運命は、伊豆大島、四国、琉球と、悲運の英雄を更なる波瀾万丈の冒険の旅へと導いていく……。


本書は、曲亭(滝沢)馬琴の江戸時代最大のベストセラー『椿説弓張月(ちんせつゆみはりづき)』を、時代小説の名手・平岩弓枝さんが現代人に読みやすい形で書き起こした時代小説です。

馬琴の読本『椿説弓張月』は、子供のころから気になっていた物語でした。

歌川国芳の錦絵『讃岐院眷属をして為朝をすくふ図』
昨年、歌川国芳の錦絵『讃岐院眷属をして為朝をすくふ図』を見て、白縫姫や舜天丸、喜平次といった人物の関係がわからず、なぜ、巨大な鰐鮫や烏天狗の登場の意味もわかりませんでした。
このエンターテインメント絵画を楽しむためにも、題材の世界についてもっと知りたいと思うようになっていました。

さて、『私家本 椿説弓張月』に話を移しましょう。
源為朝は、若き日に崇徳上皇の前で武芸を披露したことから、朝廷の実力者・信西に妬まれたことから、京の都を追われて、肥後の阿蘇を目指します。

九州で四囲の武将たちを従えたことから、鎮西八郎と呼ばれるようになります。「椿説」という言葉は、「説」という字が「ぜい」とも読めることから、「鎮西」にかけたともいわれています。

九州や伊豆大島での為朝の活躍も楽しいですが、本書の最大の読みどころは、琉球王朝を巻き込んだスケール壮大で波瀾万丈の冒険にあります。
勧善懲悪という言葉では収まらない、多彩な登場人物が複雑に織りなすストーリーで、伝奇小説の面白さもあり、魅力的な英雄譚になっています。

次は、葛飾北斎が挿絵を描いた、曲亭馬琴の原典『鎮西八郎為朝外伝 椿説弓張月』を読んでみたくなりました。

■Amazon.co.jp
『私家本 椿説弓張月』(平岩弓枝著・新潮文庫)


「2017年4月の新刊 中」をアップ

一九戯作旅2017年4月11日から4月20日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リスト「2017年4月の新刊 中」を掲載しました。

今回注目するのは、講談社文庫です。

野口卓さんの『一九戯作旅』は、若き十返舎一九が下積みから『膝栗毛』で流行作家となるまでの長い戯作道を、創作の勘所と合わせて軽妙に描いた作品。
古典落語への造詣が深く、「ご隠居さん」シリーズが好評の、笑いのツボを押さえた著者ならではの一九像に期待してます。

葉室麟さんの『山月庵茶会記』は、『陽炎の門』『紫匂う』につづく、「黒島藩シリーズ」第3弾です。
かつて政争に敗れた男が、千利休の流れを汲む高名な茶人となって国に戻ってきた……。
小島環さんの『小旋風の夢絃』は、中国の春秋後期の衛国。盗掘を生業とする養父に育てられた、十五歳の少年・小旋風が活躍する歴史ファンタジーです。
第9回小説現代長編新人賞受賞作。

■Amazon.co.jp
『一九戯作旅』
『山月庵茶会記』
『小旋風の夢絃』


→2017年4月の新刊 中

スペインに渡ったサムライの軌跡。慶長遣欧使節団異聞

天の女王鳴神響一(なるかみきょういち)さんの長編歴史ミステリー、『天の女王』がH&I(エイチアンドアイ)から刊行されました。
表紙装画は、ヨーロッパで活躍中の画家・大和田いずみさんの油彩作品です。

十七世紀、スペイン。新旧の巨大勢力がフランス、イギリス、バチカンを巻き込み陰謀の限りを尽くして繰り広げる権力抗争に、若き日本のサムライ(サムライハポン)とスペインの芸術家たちが、“愛”と“美”を賭して立ち向かう……。


本書は、2014年に『私が愛したサムライの娘』で第六回角川春樹小説賞を受賞してデビューし、『鬼船の城塞』や「影の火盗犯科帳」シリーズで活躍されている、鳴神響一さんの最新長編小説です。

物語は、現在のスペインのセビージャで始まります。
フラメンコをこよなく愛し、マドリードの大学で文学を教える島本は、バイラオーラ(フラメンコの踊り手)のリディアから、先祖伝来の古いペンダントを見せられます。

――まったく、天上の特等席からこんな素敵なお祭り見物ができる切符なんぞ、そうざらに手にはいるものじゃあない。
(『天の女王』P.13より)


ペンダントの中には、十七世紀スペインを代表する劇作家のカルデロンの戯曲の一節が刻まれていて、裏面には日本の家紋を思わせる意匠が刻まれていました。
島本とリディアは、ペンダントの謎を解く旅に出て、そこで、十七世紀のスペインを舞台に繰り広げられた驚嘆の物語へと導かれていきます……。

「二人とも不思議な顔をしているな。インディアス(新大陸)から参ったのか?」
 フェリペ四世は外記の顔を、面白いものを見るように、しげしげと眺め回した。若き国王は日本人の顔を見た経験はないらしい。
「この者たちは、ハポンです。先王フェリペ三世陛下の御代に、主の栄光を求めて遠いオリエンテからやって参ったドン・フィリッポ・フランシスコ・支倉六右衛門(常長)の使節団に加わっておりました。主の御恵みに心打たれ、我が帝国の繁栄を目の当たりにして、帰国を思い留まった者たちでございます。
 サルバティエラ伯爵は、ここぞとばかりに、二人を売り込んでくれた。
(『天の女王』P.60より)


慶長十八年(1613)に、伊達政宗は、仙台とスペインの間の貿易を始めるために、フランシスコ会宣教師ルイス・ソテロを正使に、家臣の支倉常長を副使に選んでヨーロッパへ派遣しました。いわゆる慶長遣欧使節団です。

物語は十七世紀にさかのぼり、主人公は、支倉常長の秘書役の小寺外記と、使節団の警護隊長の瀧野嘉兵衛に代わります。使節団から離脱してセビーリャ(セビージャ)に残った日本人です。

フェリペ四世やイザベラ王妃ばかりでなく、弟宮のアウストリア枢機卿、首席大臣のオリバーレス伯爵、宮廷画家のベラスケスや劇作家のカルデロン、マドリード一の歌姫・タティアナが登場し、圧倒的なスケールで華麗なる物語が繰り広げられます。
それは、すぐれた演者が生み出すフラメンコのように、心地よい陶酔へと誘います。

先日(4月5日)、国賓として来日したスペイン国王フェリペ六世夫妻を招いて、天皇、皇后両陛下が主催される宮中晩餐会が皇居・宮殿「豊明殿」で開かれました。

晩餐会の冒頭で、天皇陛下は、1549年に宣教師のフランシスコ・ザビエルが渡来したのに始まる両国の長年の交流について触れられていました。

交流の歴史の中には、慶長遣欧使節団でスペインに残ったサムライたちがいたんですね。故郷の日本を離れ、遠くスペイン宮廷を舞台にした、若きサムライたちの活躍に胸が躍ります。

慶長遣欧使節団に加わった仙台藩士を主人公にし、スペインを舞台にした時代小説では、佐藤賢一さんの『ジャガーになった男』もおすすめです。

■Amazon.co.jp
『天の女王』
『私が愛したサムライの娘』
『鬼船の城塞』
『影の火盗犯科帳(一) 七つの送り火』

『ジャガーになった男』(佐藤賢一著・集英社文庫)