信長と帰蝶が登場!戦国時代を激走する歴史ファンタジー第3弾

信長の妹が俺の嫁 3 戦国時代に芽吹く命と散る命井の中の井守(いのなかのいもり)さんの『信長の妹が俺の嫁 3 戦国時代に芽吹く命と散る命』がフロンティアワークスのノクスノベルスから刊行されました。

史実とはちょっと違う、パラレルワールドの戦国時代を仲間たちと生き抜く歴史ファンタジーの第3弾です。

パラレルワールドの戦国時代に転移し、戦国大名“浅井長政”となってしまった男子学生、深井長政。彼は、信長の妹で絶世の美女“市姫”と毎日を過ごしつつ、領地を拡大するため奔走していた。
そんな中、身内の手引きにより周辺国連合が領地に侵略してきてしまう。窮地に陥る長政だったが、信長率いる織田軍が突然登場して救援したことにより、長政は見事周辺国連合を打破する。
実はこの信長の救援は、竹中半兵衛の自分を犠牲にした提案によるものだった。そのため、半兵衛は信長にその身を捧げようとするが、長政に説得され、信長の忖度もあり、半兵衛は長政の仲間になることを決めるのだった。


前作では、軍師として知られる、竹中半兵衛が可憐な女性という設定にびっくりしました。今巻の見どころは、第六天魔王・織田信長が登場するところ。その強烈なキャラクターがどのように描かれるか、興味津々です。

「義弟殿、紹介しよう。これは我が正室、帰蝶である」
 俺は、本当に自分の網膜が正常に機能しているのだろうかと心配になりながら、目の前の女性を眺めていた。
(『信長の妹が俺の嫁 3 戦国時代に芽吹く命と散る命』P.202より)


市姫が懐妊し、その報告のために信長のもとを訪れた長政は、信長の正室・帰蝶を紹介されます。長政は、その容姿を見て激しく動揺します。

史実とは異なる、パラレルワールドの戦国時代が展開されていくところが面白いです。次の展開が読めずに、先へ先へとどんどんページを進めたくなります。
お馴染のはずの著名な人物たちもパラレルワールドの戦国時代では、ステレオタイプな描写にとどまっておらず、油断ができません。

本書は、ライトノベルを卒業した、20代~50代の男性を読者対象にしているために、青年向けの暴力や性表現にも踏み込んでいます。
表紙装画や挿絵は、イラストレーターの山田の性活が第一さんが、作品の世界観をビジュアル化しています。時代小説が苦手という若い読者にもおすすめです。

■Amazon.co.jp
『信長の妹が俺の嫁 3 戦国時代に芽吹く命と散る命』
『信長の妹が俺の嫁 2 戦国時代に架ける心と明日』
『信長の妹が俺の嫁 戦国時代で愛する妻と楽しく生きよう!』


新しい手習いの先生には人に言えない秘密がある

手習い所純情控帳 泣き虫先生、江戸にあらわる誉田龍一(ほんだりゅういち)さんの文庫書き下ろし時代小説、『手習い所純情控帳 泣き虫先生、江戸にあらわる』が双葉文庫より刊行されました。
「お裁き将軍 天下吟味」シリーズや「定中役捕物帖」シリーズなど、時代物ミステリーで活躍する著者の新シリーズです。

本所石原町の「刀林寺」住職・諾庵を頼り、江戸に出てきた三好小次郎。寺に寝泊まりする代わりに、諾庵に請われるまま手習い所「長楽堂」の先生になった小次郎は、ちょっとしたことにすぐ感動して涙を見せることから、子どもたちに「泣き虫先生」と呼ばれるようになる。
そんなある日、長楽堂の教え子が家に帰る途中、姿を消してしまう。かどわかしに遭ったのか? さっそく小次郎は探索を始める……。


主人公の三好小次郎は、正義感で感動するとすぐに涙を流しますが、実は一刀流の達人でもあります。諾庵を頼って江戸に出てきて、諾庵が師匠をしていた手習い所の師匠となります。

さて、この小次郎は、人に言えない秘密をもって江戸にやってきました。
事件あり、謎ありで、ユーモラスなやり取りも楽しい人情時代小説の誕生です。

■Amazon.co.jp
『手習い所純情控帳 泣き虫先生、江戸にあらわる』


「2017年5月の新刊 下」をアップ

三人娘 手蹟指南所「薫風堂」2017年5月21日から5月31日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リスト「2017年5月の新刊 下」を掲載しました。

今回注目するのは、角川文庫です。

野口卓(のぐちたく)さんの『三人娘 手蹟指南所「薫風堂」』は、手蹟指南所の若師匠・雁野直春を主人公にした、青春時代小説です。

初午の時期を迎え、「薫風堂」に新しい手習子がやってきた。四カ所の寺子屋に断られたほどの悪童を、師匠の雁野直春は、引き受ける決心をする。
一方、端午の節句が迫ったある日、二人の武家娘が直春を訪ねてきた。ノブと菜実は、幼馴染みの美雪が想いを寄せる直春を、ひと目見ようとやってきたのだ。だが菜実は、誠実な直春に只ならぬ関心を寄せるのだった……。


代表作『軍鶏侍』シリーズに相通じる、爽やかな読み味を楽しみたいと思います。

■Amazon.co.jp
『三人娘 手蹟指南所「薫風堂」』
『手蹟指南所「薫風堂」』(シリーズ第1作)

→2017年5月の新刊 下


英雄か逆賊か、西郷隆盛を取り巻く人々の視点から実像を描く

西郷隆盛 英雄と逆賊2018年の大河ドラマの主人公は西郷隆盛。
PHP文芸文芸文庫より、西郷隆盛を取り巻く人々の視点からその実像を浮き彫りにした、短編集、『西郷隆盛 英雄と逆賊』が刊行されました。

明治維新の英傑でありながら、新政府に叛旗を翻した男・西郷隆盛。歴史に大きな足跡を残しながらも、さまざまな謎に包まれたその実像を、盟友や家族といった周囲の人々の目を通して浮かび上がらせた傑作短編集。


西郷隆盛の人生を俯瞰できる「動乱の詩人」(池波正太郎)。
西郷の盟友・勝海舟との交流を描いた「西郷隆盛と勝海舟」(海音寺潮五郎)。
西郷隆盛の弟従道を主人公にした「兄の陰――西郷従道小伝」(南條範夫)。
西郷と並び立つ大久保利通に焦点を当てた「秋霜の隼人」(古川薫)。

時代小説の巨匠・名手たちの作品に加えて、植松三十里さんの「可愛岳越え」を収録しています。
「可愛岳越え」は、西郷隆盛が奄美大島に流されたときに、島妻の愛加那との間に生まれた菊次郎を描いた短編で、このアンソロジーのために書き下ろした作品です。

本書は、時代小説を知り抜いた文芸評論家の細谷正充さんならではのセレクションが光る、歴史と人物に触れ、高い文学性を満喫できる、歴史小説傑作選です。

植松三十里さんには、愛加那を主人公とした『愛加那と西郷』(単行本刊行時のタイトル『黍の花ゆれる』)という、感涙の長編小説があります。
男の目線で描かれることが多い、西郷の別の素顔に触れられる、こちらもぜひ、読んでおきたい作品のひとつです。

■Amazon.co.jp
『西郷隆盛 英雄と逆賊』
『愛加那と西郷』


「2017年5月の新刊 中」をアップ

天に星 地に花 上2017年5月11日から5月20日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リスト「2017年5月の新刊 中」を掲載しました。

今回注目するのは、集英社文庫です。

帚木蓬生(ははきぎほうせい)さんの『天に星 地に花 上』『天に星 地に花 下』は、久留米藩領井上村を舞台に、苦難の世に慈愛を施す医師の感動の物語です。

久留米藩領井上村。大庄屋高松家の総領・甚八と弟の庄十郎は父に連れられ、数千と集まる百姓たちの姿を目の当たりにする。突然下った年貢の増徴と夫役。百姓たちの怒りに火がついたのだ。天地を揺るがすような一揆寸前、稲次因幡家老が百姓救済を申し出て、一揆は回避されるが……。
時が経ち、甚八は家督を継ぎ、庄十郎は自らの病をきっかけに医師の道を志す。


「天に星、地に花、人に慈愛」の章句を胸に、命の恩人である医師鎮水に師事し、医の道を進む庄十郎。
それは「天下の御百姓」と領内の百姓らに呼びかけた稲次家老と、鎮水とを結ぶ絆でもありました。
田植え、雨乞い、火祭、稲刈り、飢餓、筑後平野に息づく、人々の営みを叙情豊かに描かれています。
心を洗われるような清々しい気持ちを味わいたいと思います。

葉室麟さんの文庫最新刊『緋の天空』は、奈良時代に大仏建立を目指した、光明皇后を描く歴史長編です。
新鮮な題材で大いに興味が惹かれます。

■Amazon.co.jp
『天に星 地に花 上』
『天に星 地に花 下』
『緋の天空』

→2017年5月の新刊 中