明治維新は「建武の新政」の二の舞になるところだった!?

「絶体絶命」の明治維新歴史家の安藤優一郎さんの文庫書き下ろし、『「絶体絶命」の明治維新』がPHP文庫より刊行されました。

今年、平成三十年(2018)は、明治維新百五十年の節目に当たる年です。
本書は、前著の『「幕末維新」の不都合な真実』の続編として、薩摩藩・長州藩により樹立された明治政府が覆い隠してきた不都合な真実、歴史の教科書では記述されないもう一つの明治維新史に迫る歴史読み物です。

混迷を深めた幕末とは対照的に、明治維新後の日本は「富国強兵」「文明開化」で目覚ましい発展を遂げたとされるが、本当だろうか?
本書は、維新の立役者である西郷隆盛の動きに注目しながら、首都の大混乱、経済不況、繰り返される薩長の暗闘など、討幕直後から崩壊の危機に晒され続けた明治政府の“不都合な真実”を描き出す。
近代化の光に覆い隠された「本当の維新史」とは?


明治維新を達成した薩摩・長州藩は勝つべくして勝ち、幕末の混迷を招いた徳川方は負けるべくして負けたという「予定調和のストーリー」に対して、著者は疑問を投げかけて、維新後の明治政府の実態に目を向ける必要があるといいます。

明治政府は、薩摩・長州藩による政局の主導権争い、租税などの負担増により各地で起きた農民たちの一揆、急激な社会制度の変化などにより、戊辰戦争直後から瓦解の危機に絶えず晒されていたといいます。

最大の危機となる西南戦争に勝利するまで、政府は薄氷を踏む危険な政府運営を強いられていましたが、そうした実情が教科書で記されることはありません。明治維新の“不都合な真実”だったからです。

本書の構成は以下の通りです。

第一章 西郷隆盛も嘆いた「新政府の腐敗」――首都東京の混乱
第二章 「人材不足」に悩む薩摩・長州藩――旧幕臣の引き抜き
第三章 繰り返される「薩摩藩vs.長州藩」の暗闘――他藩の巻き返し
第四章 西郷隆盛率いる「留守政府」の大混乱――政府大分裂の兆し
第五章 薩摩・長州藩からの「反政府運動」――西南戦争と萩の乱
終章 「江戸ブーム」の到来と幕臣たち――東京開市三百年祭の開催


近代化の光の陰で覆い隠されてきた「明治政府の不都合な真実」が次々と明らかになっていき、「討幕を実現して天皇中心の国家を樹立した明治政府は、危うく建武の新政の二の舞を演じかねなかった。歴史が繰り返られるところだった」という著者の指摘も、奇を衒った大げさなものではないように思われました。

そして、こうした危機を乗り越えて政治基盤を固められたことこそが、本当の意味での明治政府の勝利なのでしょう。


■Amazon.co.jp
『「幕末維新」の不都合な真実』(安藤優一郎・PHP文庫)
『「絶体絶命」の明治維新』(安藤優一郎・PHP文庫)


時代小説を愉しむために、『歴史の勉強法』を読む

歴史の勉強法 確かな教養を手に入れる東京大学史料編纂所教授、山本博文さんによる歴史の入門書、『歴史の勉強法 確かな教養を手に入れる』がPHP新書より刊行されました。

真の教養は、歴史を勉強することで身につけられる。過去を学ぶことにより、未来の姿、人生の成功例・失敗例が見えてくる――。
東大教授が、歴史に強い大人になるための勉教法を伝授。初級編では、旧国名、官位、お金の換算方法など、覚えておいたほうがいい基礎知識をやさしく解説。中級編では、歴史好きのための現地探訪方法を惜しみなく披露。また上級編では、戦国武将の手紙や古文書のくずし字にも挑戦。ネットで書斎を充実させる方法も教えます。
日本人として知っておくべきことが満載! 愉しみながら歴史を学び直したい人必読の書。


初級編、中級編、上級編の三部構成で、教養を身につけたい人、日本史に興味を持ちながら、何から始めればよいのかよくわからないという人のために書いたものです。

初級編では、大学史学科の学びのあり方と日本史の基礎知識について概観し、歴史を専門的に学ぶ意味に触れます。

旧国名や藩の呼び方、官位と位階、官職など、歴史を学ぶ上で躓きやすい事項について、時代の流れに沿ってわかりやすく解説しています。

たとえば、長州という毛利家を想起しますが、長門・周防の二国を領し、城(萩)のある方の国(長門)の名で呼ばれること。
「州」を付けて呼ばれる場合は、最初の文字が使われることが多いが、「出羽」と「出雲」や「美濃」と「美作」のように、最初の文字が同じ場合は、「羽州」と「雲州」、「濃州」と「作州」のように、後の文字が使われること。

中級編では、原始・古代から近代まで、著者が歴史の現場を歩いてみて、そこで得られた知見を紹介しています。

千年の都・京都や武家の都・鎌倉、戦国時代の城や古戦場を歩きます。
江戸の町は切絵図を手に、御成門から品川までのルートや上野界隈を歩く際の見どころを紹介しています。

幕末に製鉄所(当時の造船所のこと)が建設されて、日本の近代工業発祥地の一つとなった横須賀を散策するのも興味深いです。

横須賀製鉄所というと、『罪なくして斬らる―小栗上野介』に描かれた、当時の勘定奉行・小栗上野介を思い出します。

現地でその地形や環境を踏査することで、横須賀製鉄所がなぜ現地に建造されて、現在、米軍基地が置かれるようになったのかを考察する機会になります。

何やら、テレビの「ブラタモリ」のような展開で知的好奇心がそそられます。

上級編では、日本史の調べ方や歴史博物館の紹介、歴史研究の素材になる史料の読み方の初歩を解説しています。

 ただ、活字で古文書の文章を読解できなければ、くずし字を読んでも意味がわかりませんし、読むことも困難です。研究者も、読めないくずし字に出合った時は文脈から意味を想像して読みます。逆に言えば、活字になった古文書の文章を読めるようになれば、くずし字の読解能力も格段に向上します。
(『歴史の勉強法 確かな教養を手に入れる』P.210より


なるほど、くずし字を読めるようになって、古文書を読めるようになりたいと思い、くずし字の入門書を手にしたりもしましたが、これまでのアプローチが間違っていたんですね。

各時代の歴史感覚をつかむために参考になる歴史書のガイドブックも巻末に掲載されていて、コンパクトながらも、親切な入門書です。

知識だけでなく、歴史感覚を身につけると、時代小説を読むときの面白さも格段と上がるように思われます。

■Amazon.co.jp
『歴史の勉強法 確かな教養を手に入れる』(山本博文・PHP新書)

『罪なくして斬らる―小栗上野介』(大島昌宏・人物文庫)


明治維新の原動力となった、幕末遣外使節団のドキュメント

世界を見た幕臣たち榎本秋さんの歴史読み物、『世界を見た幕臣たち』が洋泉社歴史新書より刊行されました。

坂本龍馬や新選組は出てこないけれど、彼らのことを知らなければ幕末日本を理解したことにはならない――。
ペリー来航以降、欧米列強との関係が最大の懸案となる中で、七度にわたって海を渡った幕府の遣外使節団。その体験と持ち帰った知識は、その後の日本に大きな影響を与えていた!
未知の文化や列強との難交渉に悩まされた人間ドラマからたどる幕末秘史。


2018年は明治維新百五十周年の節目の年。
幕末の動乱から戊辰戦争、そして明治維新に至る激動の時代が、来年にかけて大きな注目を集め、ブームになることが予想されます。

坂本龍馬や西郷隆盛、大久保利通、高杉晋作、桂小五郎(木戸孝允)といった維新の志士たちの活躍ばかりが取り上げられることが多く、遣外使節団についても、明治四年(1871)の岩倉遣欧使節団が近代日本外交の始まりとされています。

ところが、岩倉使節団に先立つ十数年前から、七度にわたって幕府により使節団が派遣されたことはあまり知られていません。

勝海舟や福沢諭吉らが咸臨丸でアメリカへ渡った万延元年(1860)の遣米使節団派遣は、植松三十里さんの『咸臨丸、サンフランシスコにて』など、時代小説でも取り上げられることがあるので知っていましたが、ほかの使節団については、ほとんど知りませんでした。

目次●
はじめに――西洋諸国を見た「大君の使節」たち
序章 世界を見た三人の漂流者――遣外使節団前史
1章 1860年 万延遣米使節団
コラム 知られざる海外渡航 四度の上海派遣使節団
2章 1862年 文久遣欧使節団
コラム 知られざる海外渡航 幕府派遣の留学生たち
3章 1864年 文久遣仏使節団
コラム 知られざる海外渡航 海防と工業化を担った遣英仏使節団
4章 1866年 慶応遣露使節団
コラム 知られざる海外渡航 目的を達成した二度目の遣米使節団
5章 1867年 慶応遣欧使節団
終章 岩倉使節団に結実した幕府外交の志
幕府による幕末遣外使節団の使節・随員主要者一覧


本書のカバーに、武士の一団がスフィンクス前で並んでいる不思議な写真が使われています。これは、文久三年に派遣された遣仏使節団が、フランスへの途次に撮影されたものです。

多くの困難を乗り越え、実現不可能な難交渉に立ち向かう幕臣たちの行動に、興味をそそられます。

本書では、幕末遣外使節たちの物語をドラマチックに綴りながら、彼らの果たした役割と明治維新の展開に与えて影響を解き明かしていきます。


■Amazon.co.jp
『世界を見た幕臣たち』(榎本秋著・洋泉社歴史新書)

『咸臨丸、サンフランシスコにて』(植松三十里著・角川文庫)


天皇・摂関家、将軍、大名まで。「相続」の視点から歴史を読み解く

相続の日本史歴史家の安藤優一郎さんの『相続の日本史』(日経プレミアシリーズ)は、相続を支配する者が歴史を動かした、という新たな視点から日本の歴史を読み解く歴史読み物です。

 日本の歴史を振り返ってみると、相続争いが歴史を動かし、歴史を変える最大の要因であることは論を俟たない。
 国のトップの相続問題、つまり跡目争いとなれば国内は大きく揺れる。話し合いがまとまらず、戦争という形で決着が付けられた事例は枚挙に暇がない。内覧にまで発展する事例も少なくなかった。

(中略)

 中世に京都を戦場として起きた応仁・文明の乱では、将軍職や守護大名家の家督争いが複雑に絡み合った結果、大名たちは東軍と西軍の二つに分かれた。戦場は京都以外にも広がり、戦国時代へのレールを敷く戦となった。
(『相続の日本史』P,13「まえがき 誰が何が相続者を決めるのか」より)


本書では、相続争いを切り口に日本の歴史を眺めることで、相続のルールがどのように形成されて、歴史がどのように変わっていったかを解き明かします。

第1章「兄弟から父子直系の相続へ~古代から南北朝の時代まで」では、古代から中世にかけての天皇位をめぐる争いにスポットを当てます。天皇の生前譲位の事例が生まれて太上天皇(上皇)が登場することで、相続争いは複雑化していきます。

第2章「将軍職の継承は誰が決めたのか~朝廷と幕府の微妙な関係」では、天皇(朝廷)から政務を委任された約四十人の将軍たちを事例に、将軍自身が後継者を決めることが少なかったことに注目します。

第3章「大名の家督相続を決めたのは誰か~将軍の介入」では、大名たちの相続争いに、将軍が介入して、自身の権力基盤を固め、その過程で大名家の相続ルールを醸成していったことを明らかにします。

第4章「女性も家督を相続した時代があった~天皇から戦国大名まで」では、女性が家督を相続するに至った当時の政治・社会的な背景を解明します。女性天皇や尼将軍北条政子、井伊直虎、将軍吉宗を誕生させた天英院、篤姫まで登場します。

第5章「将軍代替わりごとに所領相続が保証された~徳川家の御墨付け」では、将軍が大名や公家・寺社に発給した五千通にも及ぶ領知朱印状を取り上げます。
埼玉県日高市に鎮座する高麗神社(こまじんじゃ)に残された朱印改に関する史料を通して、所領相続の裏側を詳細に紹介されていて、たいへんな労力と費用がかかっていたことがわかります。

天皇の生前譲位、女性天皇、井伊直虎など、旬のキーワードも盛り込まれていて、興味深く読み進めることができます。古代から江戸時代まで権力基盤と相続争いを通して、歴史を読み解くことができる好著です。

■Amazon.co.jp
『相続の日本史』


維新最大の功労者は「反逆者」に。知られざる西郷の後半生とは

西郷隆盛の明治歴史家の安藤優一郎さんの、『西郷隆盛の明治』が洋泉社より刊行されました。
2018年放送予定のNHK大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」で注目を集める、西郷隆盛の知られざる明治維新以降の激動の10年を追う歴史読み物です。

 西郷には二つの顔がある。維新の功臣、そして明治の賊臣という顔だ。
 徳川家を朝敵に転落させた討幕、そして明治維新最大の功労者だったにもかかわらず、十年後の西南戦争では逆に朝敵に転落して追討の対象となる。
 いったい、西郷の人生の岐路はどこにあったのか。
 以下、維新実現後の十年間の人生を追いかけることで、知られざる西郷の戦いを解き明かす。
(『西郷隆盛の明治』P.20「プロローグ なぜ西郷は江戸城総攻撃を中止したのか」より)


本書では、西郷隆盛は、明治政府で何をしたのか、政府入りせずに薩摩藩に戻ったのはなぜか、大久保利通と訣別したのはなぜか、西南戦争を起こしたのはなぜかなど、維新以後の西郷を追います。維新最大の功労者はいかにして「反逆者」になったのか。西郷は何を考えて、何を思って死んでいったのかを明らかにしていきます。

大河ドラマ「西郷どん」の主人公の実像を知ることができる一冊です。
著者には、西郷と協力して江戸城無血開城の偉業を成し遂げた人物の後半生を読み解く、『勝海舟の明治』があります。明治維新から150年にあたる節目の年、2018年に向けて、激動の時代を理解するのも、大切なことと思われます。

■Amazon.co.jp
『西郷隆盛の明治』
『勝海舟の明治』