名作『峠』で描かれなかった、河井継之助の生き様

歴史家の安藤優一郎さんの歴史読み物、『河井継之助 近代日本を先取りした改革者』が日本経済新聞出版社から刊行されました。 安藤優一郎さんは、『西郷どんの真実』『「絶体絶命」の明治維新』『徳川慶喜と渋沢栄一』など、幕末維新に関する歴史読み物を多数著作されている歴史家です。  戊辰戦争の引き金となった大政奉還つまり幕府が倒れるまで、継之助は長岡藩の経済官僚として財政再建に取り組み、藩政立て直しに邁進する…⇒続きを読む

明治維新は「建武の新政」の二の舞になるところだった!?

歴史家の安藤優一郎さんの文庫書き下ろし、『「絶体絶命」の明治維新』がPHP文庫より刊行されました。 今年、平成三十年(2018)は、明治維新百五十年の節目に当たる年です。 本書は、前著の『「幕末維新」の不都合な真実』の続編として、薩摩藩・長州藩により樹立された明治政府が覆い隠してきた不都合な真実、歴史の教科書では記述されないもう一つの明治維新史に迫る歴史読み物です。 混迷を深めた幕末とは対照的に、…⇒続きを読む

時代小説を愉しむために、『歴史の勉強法』を読む

東京大学史料編纂所教授、山本博文さんによる歴史の入門書、『歴史の勉強法 確かな教養を手に入れる』がPHP新書より刊行されました。 真の教養は、歴史を勉強することで身につけられる。過去を学ぶことにより、未来の姿、人生の成功例・失敗例が見えてくる――。 東大教授が、歴史に強い大人になるための勉教法を伝授。初級編では、旧国名、官位、お金の換算方法など、覚えておいたほうがいい基礎知識をやさしく解説。中級編…⇒続きを読む

明治維新の原動力となった、幕末遣外使節団のドキュメント

榎本秋さんの歴史読み物、『世界を見た幕臣たち』が洋泉社歴史新書より刊行されました。 坂本龍馬や新選組は出てこないけれど、彼らのことを知らなければ幕末日本を理解したことにはならない――。 ペリー来航以降、欧米列強との関係が最大の懸案となる中で、七度にわたって海を渡った幕府の遣外使節団。その体験と持ち帰った知識は、その後の日本に大きな影響を与えていた! 未知の文化や列強との難交渉に悩まされた人間ドラマ…⇒続きを読む

第12回江戸検「今年のお題」参考図書で、幕末維新を学ぶ

2017年11月3日(金・祝)に開催される、第12回江戸文化歴史検定の「今年のお題」である、「疾走! 幕末・維新 新選組結成から戊辰戦争まで」の同名の参考図書を入手しました。 参考図書『疾走! 幕末・維新 新選組結成から戊辰戦争まで』(江戸文化歴史検定協会編集・発行)の目次は以下の通りです。 ●目次 はじめに 序章 開国と動乱の世の到来 第1章 浪士組結成から禁門の変 家茂上洛と浪士組結成/長州藩…⇒続きを読む