明治維新は「建武の新政」の二の舞になるところだった!?

「絶体絶命」の明治維新歴史家の安藤優一郎さんの文庫書き下ろし、『「絶体絶命」の明治維新』がPHP文庫より刊行されました。

今年、平成三十年(2018)は、明治維新百五十年の節目に当たる年です。
本書は、前著の『「幕末維新」の不都合な真実』の続編として、薩摩藩・長州藩により樹立された明治政府が覆い隠してきた不都合な真実、歴史の教科書では記述されないもう一つの明治維新史に迫る歴史読み物です。

混迷を深めた幕末とは対照的に、明治維新後の日本は「富国強兵」「文明開化」で目覚ましい発展を遂げたとされるが、本当だろうか?
本書は、維新の立役者である西郷隆盛の動きに注目しながら、首都の大混乱、経済不況、繰り返される薩長の暗闘など、討幕直後から崩壊の危機に晒され続けた明治政府の“不都合な真実”を描き出す。
近代化の光に覆い隠された「本当の維新史」とは?


明治維新を達成した薩摩・長州藩は勝つべくして勝ち、幕末の混迷を招いた徳川方は負けるべくして負けたという「予定調和のストーリー」に対して、著者は疑問を投げかけて、維新後の明治政府の実態に目を向ける必要があるといいます。

明治政府は、薩摩・長州藩による政局の主導権争い、租税などの負担増により各地で起きた農民たちの一揆、急激な社会制度の変化などにより、戊辰戦争直後から瓦解の危機に絶えず晒されていたといいます。

最大の危機となる西南戦争に勝利するまで、政府は薄氷を踏む危険な政府運営を強いられていましたが、そうした実情が教科書で記されることはありません。明治維新の“不都合な真実”だったからです。

本書の構成は以下の通りです。

第一章 西郷隆盛も嘆いた「新政府の腐敗」――首都東京の混乱
第二章 「人材不足」に悩む薩摩・長州藩――旧幕臣の引き抜き
第三章 繰り返される「薩摩藩vs.長州藩」の暗闘――他藩の巻き返し
第四章 西郷隆盛率いる「留守政府」の大混乱――政府大分裂の兆し
第五章 薩摩・長州藩からの「反政府運動」――西南戦争と萩の乱
終章 「江戸ブーム」の到来と幕臣たち――東京開市三百年祭の開催


近代化の光の陰で覆い隠されてきた「明治政府の不都合な真実」が次々と明らかになっていき、「討幕を実現して天皇中心の国家を樹立した明治政府は、危うく建武の新政の二の舞を演じかねなかった。歴史が繰り返られるところだった」という著者の指摘も、奇を衒った大げさなものではないように思われました。

そして、こうした危機を乗り越えて政治基盤を固められたことこそが、本当の意味での明治政府の勝利なのでしょう。


■Amazon.co.jp
『「幕末維新」の不都合な真実』(安藤優一郎・PHP文庫)
『「絶体絶命」の明治維新』(安藤優一郎・PHP文庫)


時代小説を愉しむために、『歴史の勉強法』を読む

歴史の勉強法 確かな教養を手に入れる東京大学史料編纂所教授、山本博文さんによる歴史の入門書、『歴史の勉強法 確かな教養を手に入れる』がPHP新書より刊行されました。

真の教養は、歴史を勉強することで身につけられる。過去を学ぶことにより、未来の姿、人生の成功例・失敗例が見えてくる――。
東大教授が、歴史に強い大人になるための勉教法を伝授。初級編では、旧国名、官位、お金の換算方法など、覚えておいたほうがいい基礎知識をやさしく解説。中級編では、歴史好きのための現地探訪方法を惜しみなく披露。また上級編では、戦国武将の手紙や古文書のくずし字にも挑戦。ネットで書斎を充実させる方法も教えます。
日本人として知っておくべきことが満載! 愉しみながら歴史を学び直したい人必読の書。


初級編、中級編、上級編の三部構成で、教養を身につけたい人、日本史に興味を持ちながら、何から始めればよいのかよくわからないという人のために書いたものです。

初級編では、大学史学科の学びのあり方と日本史の基礎知識について概観し、歴史を専門的に学ぶ意味に触れます。

旧国名や藩の呼び方、官位と位階、官職など、歴史を学ぶ上で躓きやすい事項について、時代の流れに沿ってわかりやすく解説しています。

たとえば、長州という毛利家を想起しますが、長門・周防の二国を領し、城(萩)のある方の国(長門)の名で呼ばれること。
「州」を付けて呼ばれる場合は、最初の文字が使われることが多いが、「出羽」と「出雲」や「美濃」と「美作」のように、最初の文字が同じ場合は、「羽州」と「雲州」、「濃州」と「作州」のように、後の文字が使われること。

中級編では、原始・古代から近代まで、著者が歴史の現場を歩いてみて、そこで得られた知見を紹介しています。

千年の都・京都や武家の都・鎌倉、戦国時代の城や古戦場を歩きます。
江戸の町は切絵図を手に、御成門から品川までのルートや上野界隈を歩く際の見どころを紹介しています。

幕末に製鉄所(当時の造船所のこと)が建設されて、日本の近代工業発祥地の一つとなった横須賀を散策するのも興味深いです。

横須賀製鉄所というと、『罪なくして斬らる―小栗上野介』に描かれた、当時の勘定奉行・小栗上野介を思い出します。

現地でその地形や環境を踏査することで、横須賀製鉄所がなぜ現地に建造されて、現在、米軍基地が置かれるようになったのかを考察する機会になります。

何やら、テレビの「ブラタモリ」のような展開で知的好奇心がそそられます。

上級編では、日本史の調べ方や歴史博物館の紹介、歴史研究の素材になる史料の読み方の初歩を解説しています。

 ただ、活字で古文書の文章を読解できなければ、くずし字を読んでも意味がわかりませんし、読むことも困難です。研究者も、読めないくずし字に出合った時は文脈から意味を想像して読みます。逆に言えば、活字になった古文書の文章を読めるようになれば、くずし字の読解能力も格段に向上します。
(『歴史の勉強法 確かな教養を手に入れる』P.210より


なるほど、くずし字を読めるようになって、古文書を読めるようになりたいと思い、くずし字の入門書を手にしたりもしましたが、これまでのアプローチが間違っていたんですね。

各時代の歴史感覚をつかむために参考になる歴史書のガイドブックも巻末に掲載されていて、コンパクトながらも、親切な入門書です。

知識だけでなく、歴史感覚を身につけると、時代小説を読むときの面白さも格段と上がるように思われます。

■Amazon.co.jp
『歴史の勉強法 確かな教養を手に入れる』(山本博文・PHP新書)

『罪なくして斬らる―小栗上野介』(大島昌宏・人物文庫)


明治維新の原動力となった、幕末遣外使節団のドキュメント

世界を見た幕臣たち榎本秋さんの歴史読み物、『世界を見た幕臣たち』が洋泉社歴史新書より刊行されました。

坂本龍馬や新選組は出てこないけれど、彼らのことを知らなければ幕末日本を理解したことにはならない――。
ペリー来航以降、欧米列強との関係が最大の懸案となる中で、七度にわたって海を渡った幕府の遣外使節団。その体験と持ち帰った知識は、その後の日本に大きな影響を与えていた!
未知の文化や列強との難交渉に悩まされた人間ドラマからたどる幕末秘史。


2018年は明治維新百五十周年の節目の年。
幕末の動乱から戊辰戦争、そして明治維新に至る激動の時代が、来年にかけて大きな注目を集め、ブームになることが予想されます。

坂本龍馬や西郷隆盛、大久保利通、高杉晋作、桂小五郎(木戸孝允)といった維新の志士たちの活躍ばかりが取り上げられることが多く、遣外使節団についても、明治四年(1871)の岩倉遣欧使節団が近代日本外交の始まりとされています。

ところが、岩倉使節団に先立つ十数年前から、七度にわたって幕府により使節団が派遣されたことはあまり知られていません。

勝海舟や福沢諭吉らが咸臨丸でアメリカへ渡った万延元年(1860)の遣米使節団派遣は、植松三十里さんの『咸臨丸、サンフランシスコにて』など、時代小説でも取り上げられることがあるので知っていましたが、ほかの使節団については、ほとんど知りませんでした。

目次●
はじめに――西洋諸国を見た「大君の使節」たち
序章 世界を見た三人の漂流者――遣外使節団前史
1章 1860年 万延遣米使節団
コラム 知られざる海外渡航 四度の上海派遣使節団
2章 1862年 文久遣欧使節団
コラム 知られざる海外渡航 幕府派遣の留学生たち
3章 1864年 文久遣仏使節団
コラム 知られざる海外渡航 海防と工業化を担った遣英仏使節団
4章 1866年 慶応遣露使節団
コラム 知られざる海外渡航 目的を達成した二度目の遣米使節団
5章 1867年 慶応遣欧使節団
終章 岩倉使節団に結実した幕府外交の志
幕府による幕末遣外使節団の使節・随員主要者一覧


本書のカバーに、武士の一団がスフィンクス前で並んでいる不思議な写真が使われています。これは、文久三年に派遣された遣仏使節団が、フランスへの途次に撮影されたものです。

多くの困難を乗り越え、実現不可能な難交渉に立ち向かう幕臣たちの行動に、興味をそそられます。

本書では、幕末遣外使節たちの物語をドラマチックに綴りながら、彼らの果たした役割と明治維新の展開に与えて影響を解き明かしていきます。


■Amazon.co.jp
『世界を見た幕臣たち』(榎本秋著・洋泉社歴史新書)

『咸臨丸、サンフランシスコにて』(植松三十里著・角川文庫)


第12回江戸検「今年のお題」参考図書で、幕末維新を学ぶ

疾走! 幕末・維新 新選組結成から戊辰戦争まで2017年11月3日(金・祝)に開催される、第12回江戸文化歴史検定の「今年のお題」である、「疾走! 幕末・維新 新選組結成から戊辰戦争まで」の同名の参考図書を入手しました。

参考図書『疾走! 幕末・維新 新選組結成から戊辰戦争まで』(江戸文化歴史検定協会編集・発行)の目次は以下の通りです。

●目次
はじめに
序章 開国と動乱の世の到来
第1章 浪士組結成から禁門の変
家茂上洛と浪士組結成/長州藩の攘夷実行と薩英戦争/激動する京都の政局/池田屋事件と新選組の功名/禁門の変と長州追放
コラム(江戸の三大道場と武芸復興/幕府が払った賠償金/各地の激化事件/神戸海軍操練所の設立・幕末の天皇の生活)
■幕末人物伝(1) 徳川家茂/板倉勝静/小笠原長行/清河八郎/佐々木只三郎/近藤勇/芹沢鴨/沖田総司/土方歳三/群像・新選組隊士/群像・人斬り四傑/佐久間象山/横井小楠/島津久光/毛利敬親/三条実美/中山忠光/久坂玄瑞
第2章 幕末の社会と世相
西洋文明との出会い/貿易と新興商人/治安の悪化と庶民生活/社会の不安と流行
コラム(開港場の賑わい/産業革命始まる/外国貿易が分けた明暗/風刺画で読み解く世相/幕末モノのはじめ考)
■幕末人物伝(2) 小栗忠順/川路聖謨/水野忠徳/ハリー・パークス/レオン・ロッシュ/ジョン万次郎/ジョセフ・ヒコ/群像・活動した外国人たち/群像・奮闘した商人たち/田中久重/松本良順/河竹黙阿弥/三遊亭円朝/上野彦馬/チャールズ・ワーグマ
第3章 下関戦争から王政復古
四国連合艦隊と下関戦争/一会桑政権と第1次長州征討/亀山社中と薩長同盟/第2次長州征討と幕府の敗北/慶喜の将軍就任と孝明天皇の急死/大政奉還から王政復古へ
コラム(留学と海外体験/長州藩と武器革命/会社の誕生/幕府の軍制改革と軍備/パリ万博の幕府と薩摩藩/龍馬暗殺の真相)
■幕末人物伝(3) 徳川慶喜/松平容保/松平定敬/松平春嶽(慶永)/伊達宗城/山内容堂(豊信)/鍋島直正/孝明天皇/岩倉具視/天璋院(篤姫)/和宮(静寛院宮)/群像・幕末の女性たち/高杉晋作/中岡慎太郎/武市瑞山(半平太)/坂本龍馬
第4章 戊辰戦争
鳥羽・伏見の戦い/江戸無血開城と上野戦争/北越・会津戦争/箱館戦争と戊辰戦争の終結
コラム(大坂城焼失の謎/偽官軍の顛末/新選組と戊辰戦争/外国人の見た幕末の日本
■幕末人物伝(4) 勝海舟/山岡鉄舟(鉄太郎)/大久保忠寛(一翁)/西郷隆盛(吉之助)/小松帯刀/大久保利通(一蔵)/桂小五郎(木戸孝允)/大村益次郎(村田蔵六)/有栖川宮熾仁/輪王寺宮公現/新門辰五郎/山本長五郎/榎本武揚/大鳥圭介/群像・最後の藩主たち/群像・薩長土肥の俊秀たち/群像・諸藩の英傑たち/群像・近代への橋渡しをした幕臣
終章 江戸が支えた近代日本
【幕末年表】
【参考文献】
【図版・史料所蔵者・写真協力者ほか】

A5判/192頁 本体1,500円(税込) 江戸文化歴史検定協会/編・発行

幕末から維新まで激動の時代を、豊富な図版を交えて、時系列に解説しています。文章も論文調ではなく読み物調の文体で書かれていて、読みやすいです。
また、表層的な理解に陥らないように、コラムと人物伝も豊富で、受検対策として、繰り返して読むのにも適しています。

奥付に、作家の誉田龍一さんがテキスト執筆者に名前を連ねていました。

なお、本書の販売は、書泉グランデや芳林堂書店、リブロなどのごく一部の書店店頭と「検定、受け付けてます」サイトからでのネット販売のみとなっています。

ほかに、幕末の歴史のお勉強用には、下記の2冊も入手しました。

■Amazon.co.jp
『幕末・維新―シリーズ日本近現代史〈1〉』(井上勝生・岩波書店)
『幕末史』(半藤一利・新潮文庫)


⇒江戸文化歴史検定

東洋文庫ミュージアムにて、安政の大地震展

安政の大地震展と入場券先週末に、駒込・六義園近くにある、東洋文庫ミュージアムで開催されている「安政の大地震展」へ行ってきました。

東洋文庫は、東洋学の研究図書館です。
三菱第三代当主岩崎久彌氏が1924年に設立した、東洋学分野での日本最古・最大の研究図書館であり、世界5大東洋学研究図書館の一つに数えられております。
その蔵書数は国宝5点、重要文化財7点を含む約100万冊にも及びます。


岩崎久弥が、北京駐在のタイムズ記者や中華民国の総統府顧問を務めていたジョージ・アーネスト・モリソンの所蔵する、中国に関する欧文文献の膨大なコレクション(モリソン文庫)を購入したことに始まります。

記録された記憶―東洋文庫の書物からひもとく世界の歴史「妙法蓮華経」、「史記秦本紀」、「文選」、「ドチリーナ・キリシタン」など、東洋文庫の貴重な史資料は、『記録された記憶』(東洋文庫編・山川出版社)で、詳しく解説されています。
所蔵品の図録が完売していて、英語版だけだったので、代わりにミュージアムショップで入手しました。

本書で取り上げている史料:甲骨文字/魏志倭人伝/広開土王(好太王)碑文/古事記/日本書紀/枕草子と源氏物語/御成敗式目/東方見聞録/永楽大典/鄭和の航海図/東インド航海記とリンスホーテン航海記/支倉常長使節記/国姓爺御前軍団/日本誌/改撰江戸大絵図/ロビンソン・クルーソー漂流記/西洋紀聞と蝦夷志/準回両部平定得勝図/殿試策/解体新書/国富論/マリー・アントワネット旧蔵イエズス会書簡集/チベット大蔵経/風俗金魚伝/ペリー久里浜上陸図/和英通韻伊呂波便覧/ニコライ2世の東宝旅行記 など


江戸時代に計12回来日した、朝鮮通信使一行の風俗を描いた「朝鮮風俗図巻」を見て、植松三十里さんの時代小説『千両絵図さわぎ』を思い出しました。

「解体新書」(『記録された記憶』より)また、収蔵物の一つ、日本最初の西洋解剖書の本格的な翻訳書「解体新書」は、前野良沢、杉田玄白、中川淳庵らが「ターヘル・アナトミア」を訳出したもの。
吉村昭さんの『冬の鷹』は、「解体新書」成立の過程を克明に再現した長編小説です。

企画展の「安政の大地震展」では、古事記や日本書紀に記録された地震から、「鯰絵」で知られる地震諷刺絵や安政の大地震を伝える瓦版まで、歴史資料で日本の災害が概観できます。

安政の大地震を描いた時代小説では、真保裕一さんの『猫背の虎 大江戸動乱始末』がおすすめの一冊です。

■Amazon.co.jp
『記録された記憶』(東洋文庫・編)
『千両絵図さわぎ』(植松三十里)
『冬の鷹』(吉村昭)
『猫背の虎 大江戸動乱始末』(真保裕一)

⇒ミュージアム|公益財団法人東洋文庫


東京都文京区本駒込2-28-21