東洋文庫ミュージアムにて、安政の大地震展

安政の大地震展と入場券先週末に、駒込・六義園近くにある、東洋文庫ミュージアムで開催されている「安政の大地震展」へ行ってきました。

東洋文庫は、東洋学の研究図書館です。
三菱第三代当主岩崎久彌氏が1924年に設立した、東洋学分野での日本最古・最大の研究図書館であり、世界5大東洋学研究図書館の一つに数えられております。
その蔵書数は国宝5点、重要文化財7点を含む約100万冊にも及びます。


岩崎久弥が、北京駐在のタイムズ記者や中華民国の総統府顧問を務めていたジョージ・アーネスト・モリソンの所蔵する、中国に関する欧文文献の膨大なコレクション(モリソン文庫)を購入したことに始まります。

記録された記憶―東洋文庫の書物からひもとく世界の歴史「妙法蓮華経」、「史記秦本紀」、「文選」、「ドチリーナ・キリシタン」など、東洋文庫の貴重な史資料は、『記録された記憶』(東洋文庫編・山川出版社)で、詳しく解説されています。
所蔵品の図録が完売していて、英語版だけだったので、代わりにミュージアムショップで入手しました。

本書で取り上げている史料:甲骨文字/魏志倭人伝/広開土王(好太王)碑文/古事記/日本書紀/枕草子と源氏物語/御成敗式目/東方見聞録/永楽大典/鄭和の航海図/東インド航海記とリンスホーテン航海記/支倉常長使節記/国姓爺御前軍団/日本誌/改撰江戸大絵図/ロビンソン・クルーソー漂流記/西洋紀聞と蝦夷志/準回両部平定得勝図/殿試策/解体新書/国富論/マリー・アントワネット旧蔵イエズス会書簡集/チベット大蔵経/風俗金魚伝/ペリー久里浜上陸図/和英通韻伊呂波便覧/ニコライ2世の東宝旅行記 など


江戸時代に計12回来日した、朝鮮通信使一行の風俗を描いた「朝鮮風俗図巻」を見て、植松三十里さんの時代小説『千両絵図さわぎ』を思い出しました。

「解体新書」(『記録された記憶』より)また、収蔵物の一つ、日本最初の西洋解剖書の本格的な翻訳書「解体新書」は、前野良沢、杉田玄白、中川淳庵らが「ターヘル・アナトミア」を訳出したもの。
吉村昭さんの『冬の鷹』は、「解体新書」成立の過程を克明に再現した長編小説です。

企画展の「安政の大地震展」では、古事記や日本書紀に記録された地震から、「鯰絵」で知られる地震諷刺絵や安政の大地震を伝える瓦版まで、歴史資料で日本の災害が概観できます。

安政の大地震を描いた時代小説では、真保裕一さんの『猫背の虎 大江戸動乱始末』がおすすめの一冊です。

■Amazon.co.jp
『記録された記憶』(東洋文庫・編)
『千両絵図さわぎ』(植松三十里)
『冬の鷹』(吉村昭)
『猫背の虎 大江戸動乱始末』(真保裕一)

⇒ミュージアム|公益財団法人東洋文庫


東京都文京区本駒込2-28-21

天皇・摂関家、将軍、大名まで。「相続」の視点から歴史を読み解く

相続の日本史歴史家の安藤優一郎さんの『相続の日本史』(日経プレミアシリーズ)は、相続を支配する者が歴史を動かした、という新たな視点から日本の歴史を読み解く歴史読み物です。

 日本の歴史を振り返ってみると、相続争いが歴史を動かし、歴史を変える最大の要因であることは論を俟たない。
 国のトップの相続問題、つまり跡目争いとなれば国内は大きく揺れる。話し合いがまとまらず、戦争という形で決着が付けられた事例は枚挙に暇がない。内覧にまで発展する事例も少なくなかった。

(中略)

 中世に京都を戦場として起きた応仁・文明の乱では、将軍職や守護大名家の家督争いが複雑に絡み合った結果、大名たちは東軍と西軍の二つに分かれた。戦場は京都以外にも広がり、戦国時代へのレールを敷く戦となった。
(『相続の日本史』P,13「まえがき 誰が何が相続者を決めるのか」より)


本書では、相続争いを切り口に日本の歴史を眺めることで、相続のルールがどのように形成されて、歴史がどのように変わっていったかを解き明かします。

第1章「兄弟から父子直系の相続へ~古代から南北朝の時代まで」では、古代から中世にかけての天皇位をめぐる争いにスポットを当てます。天皇の生前譲位の事例が生まれて太上天皇(上皇)が登場することで、相続争いは複雑化していきます。

第2章「将軍職の継承は誰が決めたのか~朝廷と幕府の微妙な関係」では、天皇(朝廷)から政務を委任された約四十人の将軍たちを事例に、将軍自身が後継者を決めることが少なかったことに注目します。

第3章「大名の家督相続を決めたのは誰か~将軍の介入」では、大名たちの相続争いに、将軍が介入して、自身の権力基盤を固め、その過程で大名家の相続ルールを醸成していったことを明らかにします。

第4章「女性も家督を相続した時代があった~天皇から戦国大名まで」では、女性が家督を相続するに至った当時の政治・社会的な背景を解明します。女性天皇や尼将軍北条政子、井伊直虎、将軍吉宗を誕生させた天英院、篤姫まで登場します。

第5章「将軍代替わりごとに所領相続が保証された~徳川家の御墨付け」では、将軍が大名や公家・寺社に発給した五千通にも及ぶ領知朱印状を取り上げます。
埼玉県日高市に鎮座する高麗神社(こまじんじゃ)に残された朱印改に関する史料を通して、所領相続の裏側を詳細に紹介されていて、たいへんな労力と費用がかかっていたことがわかります。

天皇の生前譲位、女性天皇、井伊直虎など、旬のキーワードも盛り込まれていて、興味深く読み進めることができます。古代から江戸時代まで権力基盤と相続争いを通して、歴史を読み解くことができる好著です。

■Amazon.co.jp
『相続の日本史』


第12回江戸検、今年のお題は「疾走!幕末・維新」

第12回江戸文化歴史検定第12回を迎える、江戸文化歴史検定(江戸検)は平成29年11月3日(金・祝)に東京・名古屋・大阪で実施されます
受検申込期間は郵便局からお申し込みは9月26日(火)まで、インターネットからのお申し込みは10月12日(木)までです。

今年のお題は、「疾走!幕末・維新~新選組結成から戊辰戦争まで~」。

2017年は、慶応四年(1868)の戊辰戦争の開戦から150年の記念の年。
約250年続いた泰平の世が終わって、日本が近代化に向かう激動の時代の始まりです。
徳川慶喜、勝海舟、榎本武揚、坂本龍馬、西郷隆盛。奇兵隊、新選組、彰義隊、白虎隊――未曾有の国難の時代に、明日の日本を夢見る人々の、熱く血なまぐさい疾走が始まりました。

この幕末・維新という時代は、時代小説にとっても題材になりやすく、多くの作品に描かれています。今回の江戸検で、時代小説を読んで得た知識がどこまで通用するか、試してみたいと思います。

決戦!新選組新選組を描いた作品で注目したいのが、『決戦!新選組』

葉室麟さん、門井慶喜さん、小松エメルさん、土橋章宏さん、天野純希さん、木下昌輝さんといった、人気作家たちが、士道の極み、新選組の活躍と悲哀を描いています。
戦国時代の戦場を舞台にすることが多かった「決戦!」シリーズが、はじめて幕末にスポットを当てた時代小説アンソロジーです。

子母澤寛(しもざわかん)さんの『新選組挽歌 鴨川物語』は、著者の代表作『新選組始末記』をはじめとした「新選組三部作」の外伝にあたる、動乱の京の生と死を描く新選組小説です。

江戸文化歴史検定

■Amazon.co.jp
『決戦!新選組』(講談社)
『新選組挽歌 鴨川物語』(中公文庫)
『新選組始末記』(中公文庫)


維新最大の功労者は「反逆者」に。知られざる西郷の後半生とは

西郷隆盛の明治歴史家の安藤優一郎さんの、『西郷隆盛の明治』が洋泉社より刊行されました。
2018年放送予定のNHK大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」で注目を集める、西郷隆盛の知られざる明治維新以降の激動の10年を追う歴史読み物です。

 西郷には二つの顔がある。維新の功臣、そして明治の賊臣という顔だ。
 徳川家を朝敵に転落させた討幕、そして明治維新最大の功労者だったにもかかわらず、十年後の西南戦争では逆に朝敵に転落して追討の対象となる。
 いったい、西郷の人生の岐路はどこにあったのか。
 以下、維新実現後の十年間の人生を追いかけることで、知られざる西郷の戦いを解き明かす。
(『西郷隆盛の明治』P.20「プロローグ なぜ西郷は江戸城総攻撃を中止したのか」より)


本書では、西郷隆盛は、明治政府で何をしたのか、政府入りせずに薩摩藩に戻ったのはなぜか、大久保利通と訣別したのはなぜか、西南戦争を起こしたのはなぜかなど、維新以後の西郷を追います。維新最大の功労者はいかにして「反逆者」になったのか。西郷は何を考えて、何を思って死んでいったのかを明らかにしていきます。

大河ドラマ「西郷どん」の主人公の実像を知ることができる一冊です。
著者には、西郷と協力して江戸城無血開城の偉業を成し遂げた人物の後半生を読み解く、『勝海舟の明治』があります。明治維新から150年にあたる節目の年、2018年に向けて、激動の時代を理解するのも、大切なことと思われます。

■Amazon.co.jp
『西郷隆盛の明治』
『勝海舟の明治』


明治維新後、徳川に連なる人々は、どう生き抜いたのか?

大奥の女たちの明治維新歴史家の安藤優一郎さんの歴史読み物、『大奥の女たちの明治維新』が朝日新書から刊行されました。

明治の世をつくったのは、「薩長」ではなく敗者たちの「悔し涙」だった!!
幕府が瓦解したあと、徳川に連なる人々は、どう生き抜いたのか!?
篤姫の執念、津田梅子の情熱、江戸っ子の心意気、リストラされた旗本・御家人たちの悲喜劇――。
これまで語られてこなかった維新史に新たな光を当て、日本の夜明けの真実に迫る!


今年2017年は、徳川幕府が260年余りの歴史に幕を下ろした大政奉還から150年目の節目の年です。大政奉還を機に、徳川家と大奥は歴史の闇に消えていきます。
本書は、大奥に象徴される徳川方に連なる女性たちや、敗者の側に追いやられた者の維新後の姿を描くことで、教科書では取り上げられなかった、もう一つの明治維新史に迫るものです。

各章の内容は以下の通り。

第一章「篤姫が住んだ大奥とはどんな世界だったのか」では、大奥の実像を紹介するとともに、大奥を去った奥女中たちの足跡をたどります。
第二章「失業した三万余の幕臣はどうなったのか」では、幕臣の大半が徳川家とともに静岡に移住し、苦難の生活を強いられた様子を紹介します。
第三章「将軍家御典医・桂川家の娘が歩んだ数奇な運命」では、姉が大奥の奥女中だった桂川家の娘・今泉みねの生涯をたどります。
第四章「日本最初の帰国子女、津田梅子の奮戦」では、幼児ながら米国に留学し後に津田塾大学の創立者となった津田梅子が、徳川一門の田安徳川家家臣の娘だったことに注目します。
第五章「東京に転居した大名とその妻はどうなったのか」では、廃藩置県により東京に転居した大名たちが、華族に取り立てられ皇室の藩屏と位置付けられる一方、資本家として経済面の近代化を支えた役割などを解き明かします。
第六章「東京の街は、牧場と桑畑だらけになった」では、明治初年の、荒れ野原と化してしまった東京の実像を描きます。
第七章「江戸を支えた商人や町人はどうなったのか」では、将軍のお膝元・江戸の繁栄を担った日本橋の豪商たちが明治の世をしたたかに生き抜いた姿に光を当てます。

著者は、これまで、『「幕末維新」の不都合な真実』や 『幕臣たちの明治維新』、『将軍家御典医の娘が語る江戸の面影』など、多くの著作を通じて、今まで知られることのなかった、明治維新後の姿を次々に明らかにしてきました。
本書では、そうした著作物にも通じる歴史観に、最新の資料研究を加えて、教科書などでは知られることのなかった明治維新の世界を描き出しています。


■Amazon.co.jp
『大奥の女たちの明治維新』
『「幕末維新」の不都合な真実』
『幕臣たちの明治維新』
『将軍家御典医の娘が語る江戸の面影』