近代日本資本主義の父、渋沢栄一を学びに、渋沢史料館へ

渋沢史料館先日、東京都北区の飛鳥山公園内にある、渋沢史料館を訪れました。

渋沢史料館は、近代日本経済社会の基礎を築いた渋沢栄一の思想と行動を顕彰するために、1982(昭和57)年、渋沢栄一の旧邸跡(現在東京都北区飛鳥山公園の一部)に設立された博物館施設です。

渋沢栄一は、約500社にのぼる株式会社、銀行などを設立、経済指導に尽力し、民間経済外交、社会公共事業に取り組み、近代日本の経済社会の基礎を作った経済人です。

東京都北区西ヶ原2-16-1


常設展示では、パリ万博の幕府施設団の一員として渡仏して、ヨーロッパ文明に触れた幕臣時代、維新政府の大蔵省時代、第一国立銀行設立など実業界での華々しい事績が紹介されています。その一方で、養育院などで社会・公共事業を推進したり、民間外交を担ったりと、経済人にとどまらない幅広い活躍ぶりを知ることができます。

渋沢史料館のほか、旧渋沢庭園内にある国指定重要文化財となっている、書庫の青淵文庫(せいえんぶんこ)と洋風茶室の晩香盧(ばんこうろ)の見学ができます。別邸や茶室など他の建物は焼失したそうです。

栄一は、天保十一(1840)年に武蔵国血洗島村(現在の埼玉県深谷市)に生まれて、家業である藍の商売と農業を手伝うかたわら、尊王攘夷の思想に傾倒します。そして、縁あって、一橋慶喜の家臣となります。

幕末から明治にかけて、栄一の半生は、城山三郎さんの小説『雄気堂々(上・下)』で、ドラマチックに描かれています。

なお、栄一の妻千代の兄、尾高新五郎(惇忠)は、富岡製糸場の初代場長を務め、植松三十里さんの『繭と絆 富岡製糸場ものがたり』に、幕末の栄一らのエピソードとともに描かれています。

渋沢栄一記念館は、出身地の埼玉県深谷市にあります。こちらも一度は訪れたいと思います。

■Amazon.co.jp
『雄気堂々 上』(城山三郎・新潮文庫)
『雄気堂々 下』(城山三郎・新潮文庫)
『徳川慶喜と渋沢栄一―最後の将軍に仕えた最後の幕臣』(安藤優一郎・日本経済新聞出版社)
『繭と絆 富岡製糸場ものがたり』(植松三十里・文藝春秋)


⇒渋沢史料館
⇒渋沢栄一記念館|渋沢栄一デジタルミュージアム(深谷市)

少年少女の恋を描き、ドラマチックな江戸へ導く絵師、鈴木春信

「ボストン美術館浮世絵名品展 鈴木春信―江戸の恋」(千葉市美術館)先週末に、千葉市美術館で開催されている、「ボストン美術館浮世絵名品展 鈴木春信―江戸の恋」を見てきました。

鈴木春信は、 明和期(1764~1772)に活躍した浮世絵師です。
本展覧会では、質・量ともに世界最高の春信コレクションを誇るボストン美術館の所蔵品から、選りすぐりの作品を展観します。

千葉市中央区中央3-10-8


展示では、「プロローグ、第1章 錦絵の誕生」から始まり、古典の物語や故事、和歌を題材に、江戸の今の光景に置き換えた見立絵、やつし絵と呼ばれる作品を紹介する「第2章 隠された主題」、男女の恋を描く「第3章」、日常の幸福を描く「第4章」、笠森お仙ら「評判娘と錦絵の大衆化」をテーマにした「第5章」、そして「エピローグ 時代の寵児」で構成されています。

これだけ多くの春信の作品をまとめて展示される機会は少ないうえに、高級な奉書紙を使用されていて保存状態も良好で、春信ワールドを堪能できました。

別冊太陽 恋をいろどる浮世絵師 鈴木春信 決定版その余韻を家でも楽しみたくて、ミュージアムショップで、『別冊太陽 恋をいろどる浮世絵師 鈴木春信 決定版』もゲットしました。

鈴木春信が登場する小説としては、諸田玲子さんの平賀源内の半生を描いた『恋ぐるい』が思い出されます。
春信は神田白壁町や両国米沢町に住み、近所に住む源内と交遊をもっていました。

山内美樹子さんの『十六夜華泥棒 鍵屋お仙見立絵解き』にも登場します。笠森稲荷境内にある水茶屋鍵屋の看板娘お仙が探偵役をつとめる、キュートな捕物小説です。

また、高橋克彦さんの浮世絵殺人事件シリーズには『春信殺人事件』があります。

時代小説の表紙装画にも使用されることがあり、海野弘さんの『江戸ふしぎ草子』では、名作の「清水の舞台より飛ぶ美人」がモチーフとなっています。

■Amazon.co.jp
『鈴木春信 決定版: 恋をいろどる浮世絵師』(「別冊太陽 日本のこころ 253」・平凡社)
『恋ぐるい』Kindle版(諸田玲子・新潮文庫)
『十六夜華泥棒 鍵屋お仙見立絵解き』Kindle版(山内美樹子・光文社文庫)
『春信殺人事件』Kindle版(高橋克彦・角川文庫)
『江戸ふしぎ草子』(海野弘・河出書房新社)


⇒ボストン美術館浮世絵名品展 鈴木春信

とある秋の一日、森鴎外記念館にて

文京区立森鴎外記念館とある9月の週末に、千駄木にある、文京区立森鴎外記念館を訪れました。
記念館は建物の形がモダンで、タイポグラフィーに凝ったパンフレットもおしゃれです。

文京区立森鴎外記念館は、鴎外の旧居「観潮楼」跡地に、2012年11月1日に、鴎外生誕150周年を記念して開館したものです。団子坂上にあり、鴎外が家を構えて暮らしていたときには、2階から品川沖が遠く眺められたといわれ、「観潮楼」と名付けられたそうです。

東京都文京区千駄木1-23-4


文京区立森鴎外記念館のパンフレット展示から、小説家、戯曲家、評論家、翻訳家、陸軍軍医と、いくつもの顔をもつ鴎外の活躍ぶりが概観できます。

夏目漱石や石川啄木、正岡子規らとの交流ぶりも直筆の葉書や書簡からうかがい知ることができます。また、森茉莉さんら子供たちへの愛情、微笑ましい家族愛も伝わってきます。

来場した時、記念館では、コレクション展「森家三兄弟―鴎外と二人の弟」を開催していました。鴎外より5歳年下で劇評家の篤次郎と17歳年下で考証学者の潤三郎は、兄・鴎外の著作を著作活動を支える活躍をしていました。そんな彼らの生涯と業績を紹介しています。

『高瀬舟』や『阿部一族』など、時代小説のルーツともいうべき作品ですが、鴎外を主人公にした時代小説は思い浮かびません。
鴎外を知る読み物として、森まゆみさんの『鴎外の坂』と、東郷隆さんの『そは何者』が面白いです。

そういえば、明日(2017年9月24日)は、明治の文豪・夏目漱石の記念館、「新宿区立漱石山房記念館」が新宿区早稲田にオープンします。

注:森鴎外の「鴎」の字は、「鷗(「区」の中が「メ」ではなく「品」)」が正字ですが、一部の日本語環境で表示できないため、「鴎」を新字で表記しています。
(新字の「鴎」が苦手で、ブログでは鴎外を取り上げるのを避けていました)

■Amazon.co.jp
『山椒大夫・高瀬舟・阿部一族』(森鴎外・角川文庫)
『鷗外の坂』(森まゆみ・中公文庫)
『そは何者』(東郷隆・静山社文庫)

⇒文京区立森鴎外記念館
⇒新宿区立漱石山房記念館

500匹を超える猫と暮らした、作家大佛次郎

大佛次郎記念館先週、横浜の港の見える丘公園にある、大佛次郎記念館に行ってきました。

大佛次郎(おさらぎじろう)さんは、横浜で生まれ、「霧笛」や「幻燈」など、明治の横浜を描いた名作を残した、横浜にゆかりの作家です。記念館では、作家・大佛次郎の業績と生涯をさまざまな資料で紹介しています。

同記念館で開催中の「大佛次郎と501匹の猫展」を見てきました。
猫好きの作家だということは知っていましたが、常に10匹以上の猫を飼い、生涯で500匹を超える猫と暮らしていたんですね。
猫たちと一緒に撮られている写真がどれも、大佛さんの猫への愛情が伝わってくるものばかりで、心癒されました。

佐多芳郎さんの画がうれしい「大佛次郎記念館」の入場券大佛さんといえば、時代小説ファンには、「鞍馬天狗」や「赤穂浪士」などの時代劇化された作品でおなじみですね。魅力的なヒーロー像と高い物語性で、時代小説の面白さを伝える作家の一人です。

2017年は大佛さんの生誕120年の記念の年でもあります。
あらためてその作品に向き合ってみたいと強く思いました。

横浜市中区山手町113番地


大佛次郎記念館との間に霧笛橋が架けられていて、隣接する県立神奈川近代文学館へ移動できます。こちらでは、神奈川にゆかりの深い作家たちの生涯や代表作を紹介しています。「漱石山房書斎」コーナーでは、夏目漱石コレクションの一部を見ることができます。
行ったときには、角野栄子さんの『魔女の宅急便』展が開催されていました。

■Amazon.co.jp
『大佛次郎と猫 500匹と暮らした文豪』(大佛次郎記念館・監修)
『赤穂浪士 上 (集英社文庫) Kindle版』(大佛次郎)

⇒大佛次郎記念館

羽衣伝説の三保の松原と次郎長ゆかりの地を訪ねて

背負い富士静岡の旅3日目は、東海道線を島田から帰路。途中で清水に向かいました。
江戸時代、清水は東海道の18番目の宿場、江尻宿と呼ばれていました。

清水では、世界文化遺産の名勝「三保の松原」を観光しました。
当日は、晴れていましたが黄砂が飛来していて、視界が悪くて富士山の姿を見ることはできませんでした。

三保の松原
さて、三保の松原というと、羽衣伝説の舞台として知られています。浜には天女が舞い降りて羽衣をかけたとされる「羽衣の松」があります。

この羽衣伝説を取り入れた時代ファンタジーに、浮穴みみさんの『天衣無縫』があります。

三保の松原に舞い降りた天女の妙耶は、羽衣を盗賊に盗まれてしまう。
その賊に親と許嫁を殺され、敵討ちを誓った菓子職人の太一と共に、妙耶は盗賊の行方を追う。
そんな日々の中で妙耶は市井に交わり、身内ゆえの情や、よすがなき女の哀しみ、職人がもつ矜持など、人間の心のありように触れてゆく。次第に妙耶の胸にも、ある想いが兆してきて……。


妙耶は羽衣がないと天界には戻れずに、敵討ちを誓う太一と、共通の敵である賊の行方を追って行動をともにします。江戸を舞台に、謎解きとお菓子作りの描写も楽しく、欲張りなファンタジー時代小説です。

三保の松原を後にして、清水の市街地にある、清水次郎長さんゆかりの場所を巡りました。

「末廣」は、晩年の次郎長が営んだ船宿を復元した清水港船宿記念館です。
清水港振興に尽力した次郎長の晩年の姿を表現し、博徒から社会事業家へと生き方を変えた明治の次郎長を知ることができました。
子供好きの次郎長が饅頭屋で売られていた饅頭を指でわざと潰して、子供たちに配ったという、名物の「指まんじゅう」で抹茶を一服しました。

静岡県静岡市清水区港町1-2-14


巴川に架かる港橋
次郎長商店街にある次郎長の生家は耐震工事中で見られませんでしたが、代わりに菩提寺の梅蔭禅寺を訪れました。
梅蔭禅寺には、清水次郎長と女房のお蝶(初代、二代目、三代目)、そして大政、小政といった子分衆のお墓があります。
梅蔭禅寺にある、次郎長像
静岡県静岡市清水区南岡町3-8


清水次郎長を描いた時代小説では、山本一力さんの『背負い富士』がおすすめです。
船宿『末廣』も作品に登場します。

二代目のお蝶の鮮烈な生き様を描く、諸田玲子さんの『からくり乱れ蝶』。二代目のお蝶は、次郎長の歴史の中で触れられることが少ない人物なので、ぜひ押さえておきたい作品です。

3回連続の静岡の旅のレポートも今回が最後。
お読みいただきましてありがとうございます。
また、機会がありましたら、記事を書きます。

■Amazon.co.jp
『天衣無縫』(浮穴みみ・双葉文庫)
『背負い富士』(山本一力・文春文庫)
『からくり乱れ蝶』Kindle版(諸田玲子・講談社文庫)

清水港船宿記念館「末廣」