吉原一の花魁は尾張徳川家のご落胤で、剣の遣い手

双葉文庫より刊行された、鳴神響一(なるかみきょういち)さんの文庫書き下ろし時代小説、『おいらん若君 徳川竜之進 天命』を紹介します。 鳴神さんは、2014年に『私が愛したサムライの娘』でデビュー以来、史実を巧みに取り込みながらも、奇想天外で独創的なストーリーと …