「2018年4月の新刊 上」をアップ

まったなし2018年4月1日から4月10日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リスト「2018年4月の新刊 上」を掲載しました。

今月は、文春文庫の新刊が楽しみです。
畠中恵さんの『まったなし』

江戸町名主の跡取り息子・麻之助が、幼なじみで町名主を継いでいる色男・清十郎と、堅物の同心・吉五郎とともに、さまざまな謎ともめ事の解決に挑む、「まんまこと」シリーズの第5弾です。

独身で嫁取りの話がひきもきらない清十郎ですが、いったいその理由は? 未だ妻を亡くした悲しみが癒えない麻之介、養子に入った家で年齢の離れた許婚のいる吉五郎、そして彼らの親友で大金持ちの金貸し丸三とその妾のお虎。いずれも清十郎の運命の人が現れることを願っているが、様々な障害や思わぬ事件に巻きこまれ……。


春の一日、肩の凝らない江戸人情小説を楽しみたい気分です。

風野真知雄さんの『卜伝飄々』は、塚原卜伝の老境を描く新感覚剣豪小説。風野さんらしい、軽妙なタッチで描く、型破りの剣豪が魅力的です。


■Amazon.co.jp
『まんまこと』(畠中恵・文春文庫)第一作
『こいしり』(畠中恵・文春文庫)第二作
『こいわすれ』(畠中恵・文春文庫)第三作
『ときぐすり』(畠中恵・文春文庫)第四作
『まったなし』(畠中恵・文春文庫)第五作

『卜伝飄々』(風野真知雄・文春文庫)

→2018年4月の新刊 上




おしどり夫婦、その実態は妻は女盗賊、夫は影の同心

隠密同心と女盗賊新美健(にいみけん)さんの文庫書き下ろし時代小説、『隠密同心と女盗賊』がコスミック・時代文庫から刊行されました。

新美健さんは、『明治剣狼伝 西郷暗殺指令』で第七回角川春樹小説賞特別賞および第五回歴史時代作家クラブ賞文庫新人賞を受賞し、作家デビュー。著書に「つわもの長屋」シリーズ、「幕末蒼雲録」シリーズがあります。

江戸・八丁堀に住まう町方同心の影浦善朗とおし乃。堂々たる長身の夫に美形と評判の妻で、誰もが羨むお似合いのおしどり夫婦であった。だがその実態たるや、影浦は北町奉行直下の隠密、おし乃も京の都から遣わされた女盗賊という“影の顔”を持っていた。しかも、お互いの闇の姿をつゆ知らず、いつも盗賊として江戸を騒がしている妻を、隠密の同心として夫が追っかけているという凄腕同士の夫婦であったのだ!
そんな影浦とおし乃だったが、幕府の野心、朝廷の大望という大掛かりな企みにも翻弄されていく。さらに、一見敵同士に見えた二人にも心情の変化が芽生えはじめて……。


物語の主人公は、影浦善朗とおし乃の美男美女のおしどり夫婦。
おし乃は、夫の善朗をして「とうに見慣れたはずの美貌に覗き込まれると、たちまち男子の鉄腸が飴のように熔けてしまう」と言わせるほど。

 楚にして艶。
 瞳は大きく、吸い込まれそうな色をしていた。
 京の都の生まれだと聞かされていた。たおやかな風情をまといながらも、凛とした芯の強さを感じさせる。二十四歳と年増もよいところだが、八丁堀一の美形と評判の女房であった。
 江戸で流行の細身ではなく、胸も尻もしっかりと熟している。女にしては、すらりと背丈が高かった。が、影浦も堂々たる長身であり、実にお似合いの美男美女となっていた。
 
(『隠密同心と女盗賊』P.12より)


おし乃は東雲(しののめ)が真の名で、母は島原遊廓の太夫、父は御所に住まう貴人です。武士に略奪された六十六面を奪い返し、改めて朝廷へ奉納するため神事のために、江戸に下り、女盗賊〈猫御前〉となりました。

一方、影浦は同心として不器用な性分で、しくじりの逸話に事欠かない〈見掛け倒しのよい男〉と陰で笑われ、上役に詰られたり、同役から小馬鹿にされたりもしますが、真面目な性分と独特の明るさから、大器ではないかと勘ぐった評価もあります。

「それで、私のお役目は?」
「〈狐〉よ、おめえは加賀藩の屋敷を見張って、なんとか先に〈猫〉を見つけて引っ捕まえるんだ。――できるな?」
「ことによれば、〈猫〉を斬ってもよろしいか?」
 影浦は念を押した。
 表向きは同心だが、影浦は幕府に仕える隠密であり、お奉行の直下で陰働きをする〈影の同心〉であった。
 
(『隠密同心と女盗賊』P.30より)


影浦は陰では〈狐〉と名乗り、北町奉行遠山左衛門尉景元の密命を受けて、時には捕物の邪魔をしたり、窮地の〈猫〉を助けたりもします。

本書の面白さは、おしどり夫婦が、お互いの裏の顔を知らずに、江戸を騒がす盗賊とそれを追う隠密同心という立場で出会い、表の顔を知らずにやがて惹かれていくところです。お色気がほとばしり、セクシーな〈猫〉のボディーに、〈狐〉ならずとも欲情を催しそう。

作品に描かれているのは、天保時代。
幕府の〈狗〉、南町奉行の鳥居甲斐守忠耀が〈猫〉を捕まえようと躍起になっていて、ストーリーにサスペンスを与えています。
軽快なタッチで一気読みができます。
〈猫〉の六十六面探しと、二人の関係の展開が気になり、次巻の刊行が待ち遠しいです。


◎書誌データ
『隠密同心と女盗賊』
著者:新美健
カバーイラスト:加藤木麻莉

出版:コスミック出版・コスミック・時代文庫
発行:2018年3月25日
620円+税
248ページ

●目次
第一話 〈猫〉と〈狐〉
第二話 嘘吹
第三話 悪党の宴
第四話 翁の呪い


■Amazon.co.jp
『隠密同心と女盗賊』(新美健・コスミック・時代文庫)

『明治剣狼伝 西郷暗殺指令』(新美健・角川春樹事務所・時代小説文庫)
『つわもの長屋 三匹の侍』(新美健・角川春樹事務所・時代小説文庫)
『幕末蒼雲録』(新美健・角川文庫)


戊辰戦争の真実に迫る、「西郷の罠 上」無料キャンペーン

西郷の罠 上珀峨琥道(はがこどう)さんの歴史時代小説、『西郷の罠 上』Kindle版が、3月27日(火)17:00から3月29日(木)16時59分まで2日間、アマゾンで無料キャンペーンを実施します。

仙台藩による、奥羽鎮撫総督府下参謀長州藩世良修蔵暗殺事件など、この時代には明治維新戊辰役にともなう謎がかずおおく存在。
仙台藩がなぜ奥羽鎮撫総督府下参謀を暗殺、賊藩となって京師に抗すところにまで到ったのか。
伊達藩士らによる、総督府世良下参謀暗殺事件をとば口に……。かずかずの謎につつまれた、戊辰戦争の真実とは……。
維新の元勲西郷隆盛とは、はたして、なに者であったのか。


本書は、タイトルに「西郷」と付いていますが、主に描かれているのは、戊辰戦争における仙台藩藩士たちです。
そして、「版籍奉還(はんせきほうかん)」の実現こそ、真の「明治維新」の意味であった、との勝海舟の視点を中心に戊辰戦争を描いた歴史小説です。

版籍奉還は、明治2年(1869)年6月に諸藩主が、所有していた土地(版)と人民(籍)を朝廷に返還した政治改革のこと。これにより廃藩置県の前提となり、明治政府における中央集権強化が進みました。

個人的には、仙台藩士による、奥羽鎮撫総督府下参謀の世良修蔵(せらしゅうぞう)襲撃事件が描かれている点が興味深いです。

戊辰戦争を代表する悪役として描かれることが多い、長州出身の世良ですが、果たして本当にそうだったのか?

なお、世良修蔵を扱った時代小説では、司馬遼太郎さんの「斬殺」(『故郷忘じがたく候』収録)や、中村彰彦さんの「上役は世良修蔵」(『禁じられた敵討』に収録)があります。

著者の珀峨さんは、Amazonに掲載されている略歴によると、昭和二十年代生まれの団塊の世代。民間放送局で報道部長、報道制作局長、役員歴任後、退任。歴史小説の執筆はリタイア後で、明治維新実現の謎を、東日本における戊辰戦争の錯綜した経緯の中に追究する小説を執筆されています。


◎書誌データ
『西郷の罠 上』
著者:珀峨琥道
販売:Amazon Services International, Inc.
740円

●目次

戸田主水
予感
鬼面山
一柳四郎左衛門
検使
横田官平
土湯山中
隊内対立
七ヶ宿
嘆願書
回文
奥羽列藩評定
ご沙汰書
一揆
勢至堂口
解兵
世良解諭
松川


■Amazon.co.jp
『西郷の罠 上』(珀峨琥道)Kindle版
『西郷の罠 下』(珀峨琥道)Kindle版

『新装版 故郷忘じがたく候』(司馬遼太郎・文春文庫)
『禁じられた敵討(あだうち)』(中村彰彦・文春文庫)

謎の呪い師に、化け猫疑惑。鯖猫長屋には騒ぎがいっぱい

鯖猫長屋ふしぎ草紙(四)田牧大和(たまきやまと)さんの文庫書き下ろし時代小説、『鯖猫長屋ふしぎ草紙(四)』がPHP文芸文庫より刊行されました。
美猫のサバが活躍することで大人気の、大江戸謎解き人情話シリーズの第4弾です。

美猫サバが暮らす「鯖猫長屋」で、利助・おきねの夫婦が大喧嘩。その裏に怪しげな呪い師(まじないし)の影が……。
そんな折、サバの妹分さくらに化け猫疑惑が持ち上がる。続けて起きた「赤子の顔の傷」事件や、とある大店の内儀の死も、化け猫の仕業だというのだ。
さくらの疑いを晴らそうと、飼い主の拾楽が動き出すが、サバには気になることがあるようで……。


本書の主人公は、猫ばかり描いている売れない画描きの青井亭拾楽と、その飼い猫のサバです。

 三十歳を随分と過ぎた独り身の男で、生白い瓜実顔に、下がり気味の糸目、女のような紅い唇は上も薄く、髪はは総髪を首のあたりでひとくくりにしただけ。いまひとつ、しゃっきりしない見た目の男だ。

(『鯖猫長屋ふしぎ草紙(四)』P.14より)


こんな冴えない外見ですが、かつては「黒ひょっとこ」と呼ばれる一人働きの元盗賊でした。
サバは、大層珍しい、雄の三毛猫。二年前に、永代橋が落ちた騒動の際に、永代橋を越えた先の祭に行こうとした長屋の住人を、サバが止めたことをきっかけに、長屋で一番偉い存在となり、威張っています。

どちらが主従がわからない、というより、サバが主人で拾楽は子分で、サバにあごで使われることなります。

 艶やかな縞三毛の毛並みは、白はどこまでも白く、茶は鮮やか、とりわけ青みがかった鯖縞柄が美しい。
 きりりとした顔立ち、しなやかな足と胴、団子のような短い尾。どこをとっても、殿様姫様の飼い猫もかくや、というほどの美猫なのである。

(『鯖猫長屋ふしぎ草紙(四)』P.15より)


そんな拾楽とサバが暮らす、根津宮永町の「鯖猫長屋」で騒動が起こります。

居酒屋の雇われ料理人の利助とおきねの夫婦が大喧嘩の末に、おきねが利助の商売道具の柳刃包丁を持ち出します。長屋を仕切るお節介な住人おてると一緒に仲裁に入った拾楽は、利助が利き腕を怪我した兄弟子のために夫婦で貯めたお金を持ち出したことを知ります。そして、その金子は怪しい呪い師に渡ったとのこと……。

 さくらは雌の縞三毛で、サバの妹分として日々すくすくと育っている、生まれて四月ほどの子猫。
 幼いからか、そういう性分なのか――拾楽は、多分後者だと踏んでいる――、とにかくお転婆で、目が離せない。

(『鯖猫長屋ふしぎ草紙(四)』P.18より)


一方、拾楽、サバと一緒に暮らすさくらに、猫又(化け猫)疑惑が持ち上がります。
悪さをしているのは、生まれつき妖の力を持った子猫で、猫又になりたいために、赤子の生気を吸って回っていて、顔に傷をつけられた赤子は皆、その子猫にやられたと、読売に書かれました。
根津権現門前の大店の内儀の死も、子猫さくらのせいと噂され、町方同心まで登場する事態に……。

そして、不思議な力を有し、熱心な信者をもつ、呪い師・柳斎が拾楽とサバの前に登場します。

本書の魅力は、ちょっと不思議な事件を謎解きする面白さに加えて、美猫サバとさくらの愛らしさあります。
サバを中心に、風変わりな長屋の住人たちが繰り広げる珍騒動も楽しく、人情話に癒されます。


◎書誌データ
『鯖猫長屋ふしぎ草紙(四)』
著者:田牧大和
出版:PHP研究所・PHP文芸文庫
第1版第1刷発行:2018年3月22日
760円+税
331ページ

装丁:泉沢光雄
装画:丹地陽子

●目次
其の一 包丁騒動
其の二 猫又志願
其の三 磯の鮑
其の四 新たな子分


■Amazon.co.jp・
『鯖猫長屋ふしぎ草紙』(田牧大和・PHP文芸文庫)(第1作)
『鯖猫長屋ふしぎ草紙(四)』(田牧大和・PHP文芸文庫)



城巡りファン待望、「日本100名城公式ガイド」の続編

続日本100名城公式ガイドブック名城スタンプラリーの必需品として、シリーズ累計50万部突破した、『日本100名城公式ガイドブック』から10年の時を経て、その続編として刊行された、『続日本100名城公式ガイドブック』(公益財団法人日本城郭協会監修・学研プラス刊)を紹介します。

「日本100名城」は、2006年4月6日の「城の日」に合わせて、公益財団法人日本城郭協会が全国城郭ファンに呼びかけて478城をリストアップして、そこから選定委員会で100に絞ったものです。

選定にあたり、3つの選考基準、
1、優れた文化財・史跡であること。
2、著名な歴史の舞台であること。
3、時代・地域の代表であること。
を決めて、さらに、地域性を配慮して、各都道府県から1城以上5城以内というルールを設けたそうです。

さて、2017年、日本城郭協会の創立50周年記念事業として、10年前と同基準で「次の日本100名城」を選定し同年の「城の日」に発表しました。そして、2018年4月6日の「城の日」より、「続日本100名城」のスタンプラリーが始まります。

 ところで、「日本100名城」と「続日本100名城」を一覧表にしてみて気づいた点がある。もちろん「日本100名城」にも近世城郭だけでなく、戦国期や織豊期の城も含まれている。しかし全体としては、天守や櫓、城門などが残っている城や、あるいは復元された建造物がある城が多いように思われる。従来は、どうしても天守などの建造物がある城が城であるといったとらえられ方であった。
 もちろん、それはそれで歴史的な価値があり、重要な文化遺産であるが、近年、そうした建造物や石垣などもない戦国の土造りの山城が脚光をあびており、「続日本100名城」にはそうした建造物などがない城が多くリストアップされているのである。
 
(『続日本100名城公式ガイドブック』P.11「続日本100名城の選定にあたって」より)


本書は、城巡りのバイブルである「日本100名城」の続編にふさわしく、「日本100名城」を補完する名城カタログです。知られざる名城も登場し、山城マニアや上級城めぐりストを満足させる一冊です。
B5判オールカラーで、城の特徴を写した3点の写真、城のスペックのほか、歴史と縄張を掲載し、1ページ1つの城をガイドしています。

城巡りの必需品で、スタンプラリーでも使える「公式スタンプ帳」も付いています。
(「続日本100名城すべてのスタンプがそろい、スタンプ帳を日本城郭協会に送ると、「登場完了認定」が受けられます)

スタンプラリーにはとても参加できませんが、時代小説ファンで、出不精な城好きな私は、その城が登場する作品を思い浮かべながら、自宅でエア城巡りを堪能しています。


◎書誌データ
『続日本100名城公式ガイドブック』
監修:公益財団法人日本城郭協会
出版:学研プラス
第1刷発行:2018年1月12日
第3刷発行:2018年2月14日
1600円+税
143ページ

装丁・デザイン:高木菜穂子(Lime light)
執筆:小和田哲男、加藤理文、浦上史樹

●目次
続日本100名城地域別マップ
続日本100名城の選定にあたって
特集(要塞の誕生/山城を歩こう/山城マニアック/天守を見分ける/石垣マニアック)
続日本100名城ガイド
〇北海道・東北
志苔館(北海道)/上ノ国勝山館(北海道)/浪岡城(青森県)/九戸城(岩手県)/白石城(宮城県)/脇本城(秋田県)/秋田城(秋田県)/鶴ヶ岡城(山形県)/米沢城(山形県)/三春城(福島県)/向羽黒山城(福島県)
〇関東・甲信越
笠間城(茨城県)/土浦城(茨城県)/唐沢山城(栃木県)/名胡桃城(群馬県)/沼田城(群馬県)/岩櫃城(群馬県)/忍城(埼玉県)/杉山城(埼玉県)/菅谷館(埼玉県)/本佐倉城(千葉県)/大多喜城(千葉県)/滝山城(東京都)/品川台場(東京都)/小机城(神奈川県)/石垣山城(神奈川県)/新府城(山梨県)/要害山城(山梨県)/龍岡城(長野県)/高島城(長野県)/村上城(新潟県)/髙田城(新潟県)/鮫ヶ尾城(新潟県)
〇北陸・東海
富山城(富山県)/増山城(富山県)/鳥越城(石川県)/福井城(福井県)/越前大野城(福井県)/佐柿国吉城(福井県)/玄蕃尾城(福井県・滋賀県)/郡上八幡城(岐阜県)/苗木城(岐阜県)/美濃金山城(岐阜県)/大垣城(岐阜県)/興国寺城(静岡県)/諏訪原城(静岡県)/高天神城(静岡県)/浜松城(静岡県)/小牧山城(愛知県)/古宮城(愛知県)/吉田城(愛知県)/津城(三重県)/多気北畠氏城館(三重県)/田丸城(三重県)/赤木城(三重県)
〇近畿
鎌刃城(滋賀県)/八幡山城(滋賀県)/福知山城(京都府)/芥川山城(大阪府)/飯盛城(大阪府)/岸和田城(大阪府)/出石城・有子山城(兵庫県)/黒井城(兵庫県)/洲本城(兵庫県)/大和郡山城(奈良県)/宇陀松山城(奈良県)/新宮城(和歌山県)
〇中国・四国
若桜鬼ヶ城(鳥取県)/米子城(鳥取県)/浜田城(島根県)/備中高松城(岡山県)/三原城(広島県)/新高山城(広島県)/大内氏館・高嶺城(山口県)/勝瑞城(徳島県)/一宮城(徳島県)/引田城(香川県)/能島城(愛媛県)/河後森城(愛媛県)/岡豊城(高知県)
〇九州・沖縄
小倉城(福岡県)/水城(福岡県)/久留米城(福岡県)/基肄城(福岡県・佐賀県)/唐津城(佐賀県)/金田城(長崎県)/福江城(長崎県)/原城(長崎県)/鞠智城(熊本県)/八代城(熊本県)/中津城(大分県)/角牟礼城(大分県)/臼杵城(大分県)/佐伯城(大分県)/延岡城(宮崎県)/佐土原城(宮崎県)/志布志城(鹿児島県)/知覧城(鹿児島県)/座喜味城(沖縄県)/勝連城(沖縄県)

付録「続日本100名城」スタンプ帳


■Amazon.co.jp・
『日本100名城公式ガイドブック』(公益財団法人日本城郭協会監修・学研プラス)
『続日本100名城公式ガイドブック』(公益財団法人日本城郭協会監修・学研プラス)