『文蔵 2018.3』の特集は、やる気が湧き出る「ビジネス小説」


『文蔵 2018.3』『文蔵 2018.3』(PHP研究所・PHP文芸文庫)の特集は、不景気も不祥事も吹き飛ばそう! やる気が湧き出る「ビジネス小説」 です。

 本特集では、経済社会の情勢とビジネス小説の変遷を追いつつ、いま読むべき、やる気が湧き出るビジネス・経済小説を紹介する。
(『文蔵 2018.3』P.5 特集 やる気が湧き出る「ビジネス小説」より)


今回の特集は、『検察側の罪人』などで知られ、3月にビジネス小説を発表される雫井脩介さんへのインタビューのほか、書評家の大矢博子さんが、「いつの時代にも、働く人の心に火をつけ、励みとなる」、ビジネス小説をガイドします。

佐藤雅美さんの『調所笑左衛門 薩摩藩経済官僚』(品切れ中だが、「西郷どん」を機に復刊してほしいです)など、歴史小説や評伝小説も取り上げています。

追悼企画「葉室麟の世界」も気になります。
作家の澤田瞳子さんが追悼文を寄せ、文芸評論家の細谷正充さんが主要作品を紹介して、その光跡を振り返ります。

『文蔵』誌では、不平等条約改正のために命を懸けた陸奥宗光を主人公にした「暁天の星」を連載中で、未完のままとなりました。
これまで平安から江戸までを作品に描いてきた葉室さんが、満を持して近代明治に取り組んだ作品だっただけに、その早すぎる死が残念でなりません。

■Amazon.co.jp
『文蔵 2018.3』(PHP文芸文庫)
『調所笑左衛門 薩摩藩経済官僚』(佐藤雅美・学陽人物文庫)


⇒『文蔵』ホームページ

コメント

コメント