大地震、大火、大雪、御家騒動。藩を守るため戦った小栗美作

村木嵐(むらきらん)さんの『雪に咲く』がPHP文芸文庫から刊行されました。 江戸に幕府が開かれて五十年余り。後に越後高田藩筆頭家老になる小栗美作は、大地震の後処理で手腕を発揮し、藩主・松平光長の信頼を勝ち取る。しかし光長の嫡子が亡くなると藩内は二つに割れ、御家 …