「2018年1月の新刊 上」をアップ

天下 家康伝 上2018年1月1日から1月10日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リスト「2018年1月の新刊 上」を掲載しました。

今回注目しているのが、文春文庫から刊行される、火坂雅志さんの『天下 家康伝 上』『天下 家康伝 下』です。

2015年年2月、58歳の若さで急逝した作者の遺作です。
単行本刊行時に、本書を読み、強い感銘を受け、『この時代小説がすごい! 2016年版』(宝島社刊)で下記のように、原稿を寄せたことを思い出しました。

 武田信玄や上杉謙信のような軍略の才も、織田信長の常識外れの突破力も、豊臣秀吉の人間的な魅力も、持ち合わせていない家康が、どうして天下人という嶺の頂点に到達し得たのか。
 23歳の若き岡崎城主・松平家康が、領内の一向一揆に悩まされるところから物語は始まる。家康は、幼くして父を亡くし、母と生き別れ、果ては銭一千貫で売られるまでの悲惨な目に遭い、幾多の苦難を乗り越えて生き残ってきた。
 天下は、一人の天下にあらず。信長、秀吉という二人の先駆者を間近で見た家康は、「国家が必要とする思想を持ち、民のために有用な者が天下を掌握できる。だが、その者とて独りよがりになれば、天命によって座を逐われることだけ」と世の冷厳な哲理を胸に刻み付けた。戦国乱世を終わらせ、平和な日本を築く、新しい家康像に出会い深い感動を覚えた。
(『この時代小説がすごい! 2016年版』より)


新しい年に、激動の年を乗り越えていく勇気を得るために、本書を読み返してみたくなりました。

■Amazon.co.jp
『天下 家康伝 上』(火坂雅志・文春文庫)
『天下 家康伝 下』(火坂雅志・文春文庫)
『この時代小説がすごい! 2016年版』(『この時代小説がすごい!』編集部・宝島社)

→2018年1月の新刊 上



江戸が泣いた、幼子三人の身投げの謎を追う、シリーズ完結編

江都落涙 宗元寺隼人密命帖 四講談社文庫から出た新刊、荒崎一海(あらさきかずみ)さんの文庫書き下ろし時代小説、『江都落涙 宗元寺隼人密命帖 四』を紹介します。

老中松平和泉守乗寛の甥で、剣客・宗元寺隼人(そうげんじはやと)が活躍する、時代小説シリーズの第四弾です。

新月の夜、屋台で十六文の二八蕎麦一杯を仲良く食べていた幼い三人がそろって大川に身を投げた。たがいの袖に腕をいれ、けっして離れまいとする三人。あまりの出来事に江戸じゅうが嘆いた。
一方、隼人は叔父の老中松平和泉守に呼ばれ、新たな密命を受けるが、帰路、またしても忍に襲われる……。


隼人が新堀川に架かる一之橋で、正体不明の四人の忍に襲われて返り討ちにするところから、物語は始まります。
隼人の剣はますます冴え、前作から続く謎はますます深まっていきます。

時代設定は、文政六年(1823)七月。老中首座水野出羽守忠成が権力を握っていました。忠成は、寺社奉行水野和泉守忠邦(後に天保の改革を断行する水野越前守忠邦)を、辞任する老中の後釜に据えようと目論んでいました。
そんな中で、反水野派の松平和泉守乗寛は、権力欲の強い忠邦に懸念を持っていて、隼人に密命を与えます。

同じころ、隼人は江戸の人々を嘆き悲しませた、幼いきょうだい3人が身投げした事件を耳にします。
3人の子を養っていた伯母・もんは前日夜から家に帰らないでそのまま姿を消している。もんは二十七歳で美人、働いている様子がなく、月に二度、三度ほど泊りがけででかけるという。
隼人は、馴染みの北町奉行所定町廻り同心の秋山平内に依頼されて、もんの探索を手助けすることに

「昨日の昼すぎ、もんがでかけた刻限ごろ、両国橋東広小路より竪川ぞいを行き、六間堀川におれて、御籾蔵よこを歩いてみた。右斜めまえに、大川を背にしてならぶ屋台のはずれに二八蕎麦の屋台があった。三人が跳びこんだところには花束がつまれ、線香から白い煙がのぼっておった。御籾蔵のかどで見ていたが、手をあわせるだけでなく、腰をかがめて祈る者が幾名もいた」
(『江都落涙 宗元寺隼人密命帖 四』P.87より)


江戸時代、七歳までに病気で亡くなる子供が多いこともあり、社会として子供を大切にしていたそうですが、本書からもそんな事情が伝わってきます。奉行所も事件解明に向けて全力を挙げて捜査をしています。

本書の特徴の一つは、引用にもあるように、主人公の隼人が探索のため(ときには刺客の囮となるために)町歩きをすることです。そのため、江戸の地理関係が丹念に描かれています。著者はあとがき「江戸への旅」で明かしています。

 江戸の地理を描写するのにもっぱら参照しているのが『復元・江戸情報地図』(児玉幸多・監修、朝日新聞社)で、併用が『切絵図・現代図で歩く 江戸東京散歩』(人文社)と、『江戸切絵図と東京名所絵』(白石つとむ・編、小学館)だ。
(『江都落涙 宗元寺隼人密命帖 四』P.377より)


探索を進めていくながで、もんは本芝の海で水死体として発見されます。
もんの死の謎は、やがて隼人の密命に関わっていきます。

 まんなかが上体をひねりながら薙ぎにくる。
 無心が雷光と化す。
 敵の左二の腕を裂き、切っ先が左胸に消える。着衣と、肉と、骨と、心の臓とを断って奔る。
 左足を引き、抜けた無心を燕返し。ふたりめの右脾腹から左肩へ。裂けた斬り口に血が滲み石榴の実と化す。
「ぎゃーっ」
「死ねーッ」
 三人めが突きにきた。
 白刃の切っ先が毒蛇の牙と化して右肩に迫る。
 左足を右足の前方へおおきく踏みこみ、右肩を引く。敵の切っ先が右肩に触れんばかりにすぎる。右足を左足へもっていく。左手で弧を描かせた無心に右手をそえる。まえのめりになった三人めの右頸を断つ。
 血が迸る。
(『江都落涙 宗元寺隼人密命帖 四』P.231より)


本書の真骨頂は、隼人が振るう無心水月流の剣。
「無心」は隼人の差料で二尺二寸(約66センチメートル)の剛刀です。刺客を「まんなか」「ふたりめ」「三人め」とぞんざいに呼び、短い文で畳みかけるように描写される、そのチャンバラシーンは圧巻で、爽快感すらあります。

謎と人情と圧倒的な剣戟シーンで彩られたこのシリーズも本書が完結編となります。
謎と伏線が幾重にも張り巡らされていて、読み応えのあるシリーズ。完結編の本書を読み終えた後にも謎が残っているような気がして、もう一度、最初から読んでみたくなりました。

■Amazon.co.jp
『無流心月剣 宗元寺隼人密命帖 一』(荒崎一海・講談社文庫)
『幽霊の足 宗元寺隼人密命帖 二』(荒崎一海・講談社文庫)
『名花散る 宗元寺隼人密命帖 三』(荒崎一海・講談社文庫)
『江都落涙 宗元寺隼人密命帖 四』(荒崎一海・講談社文庫)


時代小説界の至宝、葉室麟さん、66歳で死去

蒼天見ゆ時代小説家の葉室麟(はむろりん)さんが、12月23日に、福岡市内の病院で死去されました。66歳でした。

昨日、ネットで訃報を知りましたが、すぐにはその事を受け止められませんでした。まだまだたくさんの素晴らしい時代小説を書いてほしいと思っていたので、時代小説ファンの一人として悲しい思いでいっぱいです。

葉室麟さんは、2005年に『乾山晩愁』で第29回歴史文学賞を受賞してデビュー。2012年に『蜩ノ記』で第146回直木三十五賞を受賞し、2016年には『鬼神の如く 黒田叛臣伝』で第20回司馬遼太郎賞を受賞されています。

武家社会の中、苛酷な運命に翻弄されながらも、人としての矜持を失わずに気高く生きる主人公を描き、多くのファンを持っています。
50冊を超える単行本を刊行し、ここ数年の精力的な創作ぶりは目を瞠るものがありました。
歴史・時代小説の分野をリードする作家であるばかりか、時代小説界の宝といえる大きな存在です。

「おすすめの時代小説を教えて」とおすすめ本を聞かれることがあります。会社員など組織に属している男性の場合、葉室麟さんの作品を挙げることが多くあります。葉室作品は傑作ばかりで、紹介すると喜んでいただけました。

さて、個人的に思い入れのある作品として、『銀漢の賦』と『霖雨』の2作を紹介します。

『銀漢の賦』を読み終わった後、自分の白くなり始めたた髪(銀漢)にちょっと誇りが持てました。仕事で辛くなったときなど、繰り返して読んで元気をもらっています。

『霖雨』は、文化文政期に儒学者・漢詩人として活躍した広瀬淡窓(ひろせたんそう)の半生を描いた時代小説です。剣や政治的な活躍ぶりはみせませんが、当代一流の文化人ながら、地方に腰を据えて門人たちを教える、筋が一本通った生き方に深く静かな感動を覚えました。

淡窓は、豊後国日田に私塾「咸宜園(かんぎえん)」を設立しました。咸宜園は文化2年(1805)~明治30年(1897年)まで続き、身分・出身・年齢などによる差別をなくした「三奪の法」でも知られ、多くの門下生を輩出しています。

謹んでご冥福をお祈りします。

■Amazon.co.jp
『蒼天見ゆ』(角川文庫)
『乾山晩愁』(角川文庫)
『蜩ノ記』(祥伝社文庫)
『鬼神の如く 黒田叛臣伝』(新潮社)
『銀漢の賦』(文春文庫)
『霖雨』(PHP文芸文庫)

→作家の葉室麟さん死去 「蜩ノ記」で直木賞|NHK NEWS WEB


「2017年12月の新刊 下」をアップ

維新の肖像2017年12月21日から12月31日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リスト「2017年12月の新刊 下」を掲載しました。

今回注目しているのが、角川文庫から刊行される、安部龍太郎さんの『維新の肖像』です。

明治維新そのものが持つ思想と制度の欠陥に根本原因があるのではないか――1932年、イェール大学で歴史学を研究する朝河貫一は、日露戦争後から軍国主義に傾倒していく日本を憂えていた。
そのとき、亡父から託された柳行李を思い出す。中に入っていたのは、二本松藩士として戊辰戦争を戦った父・朝河正澄が残した手記だった。貫一はそれをもとに、破滅への道を転げ落ちていく日本の病根を見出そうとする……。


貫一は、日本の軍国主義を憂え、「このままではやがて米国と戦争になる」と、政府や言論界の要人に手紙を送り警告をします。しかし、耳を貸そうとする者はおらず、その想いは故国に届きません。

歴史学者として、無力さに苛まれる日々を送っていたある日、亡き父が残した手記と資料をもとに父を主人公にした小説を書きはじめます。

物語は、二本松藩士として戊辰戦争を戦った父と、太平洋戦争へと突き進む祖国に警鐘を鳴らし続ける子、二人の生き様をドラマチックに描き、明治維新以降、日本人が失ったものをあぶり出していきます。

単行本刊行時に感銘を受けた物語を、文庫化を機に読み返してみたいと思います。

主人公の朝河貫一は、実在の歴史学者で、平和の提唱者であり、キュレーター(博物館や図書館など施設の収集する資料に関する鑑定や研究を行い、学術的専門知識をもって業務の管理監督)としての業績がもありました。
第二次世界大戦中、戦後もアメリカに滞在しましたが、終生、日本国籍のままで、日本人としてのアイデンティティーを大事にした国際人です。


■Amazon.co.jp
『維新の肖像』(安部龍太郎・角川文庫)


→2017年12月の新刊 下

→朝河貫一|ウィキペディア

『文蔵 2018.1・2』のブックガイドは、ミステリの基礎知識

『文蔵 2018.1・2』『文蔵 2018.1・2』(PHP研究所・PHP文芸文庫)のブックガイドは、密室、アリバイ、倒叙、日常の謎……古典と新作で学ぶミステリの基礎知識 です。

 ミステリの代表的なジャンルを取り上げ、古典的名作と現代の作品を対比し、ジャンルの発展、変遷が概観できるようにしてみた。古典的名作は海外で第二次大戦前が中心、新作は日本の戦後の作品を取り上げた。そのため日本のミステリが、海外の強い影響を受けていることもよく分かるだろう。
(『文蔵 2018.1・2』P.4 ブックガイド 古典と新作で学ぶミステリの基礎知識より)


今回の特集は、密室ミステリ、アリバイ崩し、倒叙ミステリ、日常の謎、警察小説といった切り口から、文芸評論家の末國善己さんが、古典的名作と日本の傑作ミステリを対比して紹介します。

『火定(かじょう)』発刊記念で行われた、澤田瞳子さんの著者インタビューが掲載されています。ちょうど作品を堪能したばかりだったので、執筆の裏側に触れることができて楽しめました。
澤田瞳子全作品ガイドも付いて、パブリシティ記事に留まらず、気が利いています。

第23回中山義秀賞が、梓澤要(あずさわかなめ)さんの『荒仏師 運慶』に決定したという、ニュースも掲載されていました。

梶よう子さんの「由蔵覚え書」の新連載第二回、山本一力さんの「献残屋佐吉御用帖」、宮本昌孝さんの「天離り果つる国」の連載も楽しめます。

■Amazon.co.jp
『文蔵 2018.1・2』(PHP文芸文庫)
『火定』(澤田瞳子・PHP研究所)
『荒仏師 運慶』(梓澤要・新潮社)


⇒『文蔵』ホームページ