「2017年11月の新刊 下」をアップ

殺生関白の蜘蛛2017年11月21日から11月30日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リスト「2017年11月の新刊 下」を掲載しました。

今回は、早川書房ハヤカワ文庫JAから刊行される、日野真人(ひのまこと)さんの『殺生関白の蜘蛛(せっしょうかんぱくのくも)』に注目しています。

2017年、第七回アガサ・クリスティー賞優秀賞受賞作『アラーネアの罠』を書籍化にあたり加筆修正し、『殺生関白の蜘蛛』と改題。ペンネームも賞応募時の西恭司から日野真人に改めています。
第7回アガサ・クリスティー賞発表 (2017/07/07)

「平蜘蛛を探せ」舞兵庫は、太閤秀吉と関白秀次から同じ密命を別々に受けてしまう……。窮地に立たされた男が選んだ決断とは――? 茶器に潜む密謀と秀次事件の真相に迫る歴史ミステリ


アガサ・クリスティーの冠が付いた賞に、時代小説で挑むのは大胆ですが、優秀賞を獲得するのは、著者も選者も見事です。
原題の「アラーネア」はラテン語で蜘蛛のことだそう。

主人公の舞兵庫は、豊臣秀次の臣で、元松永弾正の臣という設定。
平蜘蛛といえば、弾正が爆死する際に道連れとした、名器・平蜘蛛茶釜を思い出されます。

紹介文を読んだだけで、面白本のオーラがぷんぷんと感じられる作品で、とんでもないストーリー展開を期待しています。

■Amazon.co.jp
『殺生関白の蜘蛛』(日野真人・ハヤカワ文庫JA)


→2017年11月の新刊 下