少年少女の恋を描き、ドラマチックな江戸へ導く絵師、鈴木春信


「ボストン美術館浮世絵名品展 鈴木春信―江戸の恋」(千葉市美術館)先週末に、千葉市美術館で開催されている、「ボストン美術館浮世絵名品展 鈴木春信―江戸の恋」を見てきました。

鈴木春信は、 明和期(1764~1772)に活躍した浮世絵師です。
本展覧会では、質・量ともに世界最高の春信コレクションを誇るボストン美術館の所蔵品から、選りすぐりの作品を展観します。

千葉市中央区中央3-10-8


展示では、「プロローグ、第1章 錦絵の誕生」から始まり、古典の物語や故事、和歌を題材に、江戸の今の光景に置き換えた見立絵、やつし絵と呼ばれる作品を紹介する「第2章 隠された主題」、男女の恋を描く「第3章」、日常の幸福を描く「第4章」、笠森お仙ら「評判娘と錦絵の大衆化」をテーマにした「第5章」、そして「エピローグ 時代の寵児」で構成されています。

これだけ多くの春信の作品をまとめて展示される機会は少ないうえに、高級な奉書紙を使用されていて保存状態も良好で、春信ワールドを堪能できました。

別冊太陽 恋をいろどる浮世絵師 鈴木春信 決定版その余韻を家でも楽しみたくて、ミュージアムショップで、『別冊太陽 恋をいろどる浮世絵師 鈴木春信 決定版』もゲットしました。

鈴木春信が登場する小説としては、諸田玲子さんの平賀源内の半生を描いた『恋ぐるい』が思い出されます。
春信は神田白壁町や両国米沢町に住み、近所に住む源内と交遊をもっていました。

山内美樹子さんの『十六夜華泥棒 鍵屋お仙見立絵解き』にも登場します。笠森稲荷境内にある水茶屋鍵屋の看板娘お仙が探偵役をつとめる、キュートな捕物小説です。

また、高橋克彦さんの浮世絵殺人事件シリーズには『春信殺人事件』があります。

時代小説の表紙装画にも使用されることがあり、海野弘さんの『江戸ふしぎ草子』では、名作の「清水の舞台より飛ぶ美人」がモチーフとなっています。

■Amazon.co.jp
『鈴木春信 決定版: 恋をいろどる浮世絵師』(「別冊太陽 日本のこころ 253」・平凡社)
『恋ぐるい』Kindle版(諸田玲子・新潮文庫)
『十六夜華泥棒 鍵屋お仙見立絵解き』Kindle版(山内美樹子・光文社文庫)
『春信殺人事件』Kindle版(高橋克彦・角川文庫)
『江戸ふしぎ草子』(海野弘・河出書房新社)


⇒ボストン美術館浮世絵名品展 鈴木春信

コメント

コメント