「2017年10月の新刊 上」をアップ


為吉 北町奉行所ものがたり2017年10月1日から10月10日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リスト「2017年10月の新刊 上」を掲載しました。

2015年11月に亡くなられた、宇江佐真理さんの時代小説2タイトルが文庫化されます。

実業之日本社文庫からは、『為吉 北町奉行所ものがたり』が出ます。
幼いころに両親を押し込み強盗に殺され、長じて北町奉行所付きの中間となった為吉を主人公に、与力、同心、岡っ引き、その家族、と奉行所を取り巻く人間模様を描いた感動長編です。

朝日文庫から刊行される、『うめ婆行状記』は、朝日新聞に連載された遺作にして最後の長編時代小説です。
北町奉行所同心の夫・霜降三太夫を卒中で亡くしたうめは、それまでの堅苦しい武家の生活から抜け出して独り暮らしを始めますが……。

また、文芸評論家の細谷正充さんがセレクションされた、『朝日文庫時代小説アンソロジー 人情・市井編 情に泣く』にも、宇江佐さんの短編「隣りの聖人」が収録されていて、著者を偲ぶ機会にもなります。

宇江佐さんと同じころに亡くなられた時代小説家に杉本章子さんがいます。
杉本さんの最晩年の作品、『起き姫 口入れ屋のおんな』が文春文庫より刊行されます。
大店からの離縁を機に口入れ屋の女主人へ。名手が描く江戸の人間模様を堪能したいと思います。

■Amazon.co.jp
『為吉 北町奉行所ものがたり』(宇江佐真理・実業之日本社文庫)
『うめ婆行状記』(宇江佐真理・朝日文庫)
『朝日文庫時代小説アンソロジー 人情・市井編 情に泣く』(細谷正充編・朝日文庫)
『起き姫 口入れ屋のおんな』(杉本章子・文春文庫)

→2017年10月の新刊 上


コメント

コメント