『文蔵 2017.10』のブックガイドは、「クライシス小説」

『文蔵 2017.10』『文蔵 2017.10』(PHP研究所・PHP文芸文庫)のブックガイドは、未曾有の大災害、バンデミック、経済危機…… 「クライシス小説」に刮目せよ です。

地震、豪雨、火山の噴火など自然災害が多い日本。加えて、細菌やウィルスに感染したり、ヒアリなどの外来危険生物が入り込んだり。東アジアの緊張もあって、戦争やテロも無縁ではなくなっています。
目の前にある危機に向き合うために、さまざまなクライシスを題材にした名作で、その本質を理解するのも役に立つかもしれません。
文芸評論家の末國善己さんが、「クライシス小説」の名作13作をガイドします。

時代小説ファン向けには、嶋津義忠さんの『起返の記 宝永富士山大噴火』と出久根達郎さんの『大江戸ぐらり』を紹介しています。

前者は宝永四年(1707)の富士山噴火の惨状とその後の復興から立ち上がった人々の苦闘を描いています。後者は安政二年に起きた安政江戸地震で、未曾有の災害に戸惑いながらも、復興に向かう江戸の人たちを描いた人情味あふれる作品です。

■Amazon.co.jp
『文蔵 2017.10』(PHP文芸文庫)
『起返の記 宝永富士山大噴火』(嶋津義忠・PHP研究所)
『大江戸ぐらり』(出久根達郎・実業之日本社文庫)

⇒『文蔵』ホームページ