失踪した幼馴染みを追い、銚子湊へ向かう弥陀ノ介と市兵衛

辻堂魁(つじどうかい)さんの文庫書き下ろし時代小説、『遠き潮騒 風の市兵衛』(祥伝社文庫)を紹介します。 深川で干鰯〆粕問屋の下総屋の主が刺殺された。玄人の仕業と疑った北町奉行所同心・渋井鬼三次は、聞き込みから賊は銚子湊の男と睨み、奉行の許可を得て現地に急行し …