凶盗の正体を暴く鍵は、真田信之と井伊直政ゆかりの料理にあり

江戸料理小説の第一人者、倉阪鬼一郎(くらさかきいちろう)さんの文庫書き下ろし時代小説、『上州すき焼き鍋の秘密 関八州料理帖』が宝島社文庫より刊行されました。 主人公の藤掛右京は、関八州を取り締まる関東取締出役(通称「八州廻り」)。役目で訪れた土地の料理を仕入れ、江戸に開いた小料理屋「八味」で客に披露する包丁人でもあります。 今回、上州見廻りの任についた右京は、ひそかに食肉用に飼育された上州牛を使っ…⇒続きを読む