南町奉行所のコロンボ。見破り同心の推理が冴える

誉田龍一(ほんだりゅういち)さんの文庫書き下ろし時代小説、『見破り同心 天霧三之助』が徳間文庫から刊行されました。 質屋の三浦屋六兵衛が、離れで出刃包丁により惨殺された。三浦屋にとっては、娘・佐代が旗本の嫡男小屋敷多聞との婚礼を間近に控えた折の惨事だった。 南町奉行所臨時廻り同心、天霧三之助(あまぎりさんのすけ)は、同僚で定町廻り同心の結城栄二郎と探索に乗り出す。六兵衛の亡骸の不自然さに気付いた三…⇒続きを読む