「2017年5月の新刊 上」をアップ

左近 上2017年5月1日から5月10日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リスト「2017年5月の新刊 上」を掲載しました。

今回注目するのは、PHP文芸文庫です。

火坂雅志さんの『左近 上』『左近 下』は、“石田三成に過ぎたるもの”と称えられた戦国武将・島左近清興の生涯を描いた長編小説です。

大和国を治める筒井家にあって、その剛直ぶりと胆力を認められ、左近は若くして侍大将に取り立てられる。しかし、永禄2年(1559)、梟雄・松永弾正久秀が、柳生宗厳(のちの石舟斎)らを寝返らせて大和に攻め入ってきた。次々に城を落とされて筒井勢は窮地に陥り、あるじ順慶のいる筒井城も孤立してしまう。そんな中にあって、左近は松永勢を追い出すべく、ひとり気を吐くのだが……。


石田三成を支え、「鬼神の如し」と敵から怖れられた猛将・島左近。著者の急逝により、大作は未完ながらも、そのいくさ人ぶりを活写されています。

矢野隆さんの『将門』もおすすめです。10世紀半ばの坂東(関東)に、覇を唱え、新しい世界を造ろうとした平将門。その生き様をダイナミックに描いたアクション時代小説です。

■Amazon.co.jp
『左近 上』
『左近 下』
『将門』


→2017年5月の新刊 上



越後長岡開府400年と牧野忠成の生き様、「常在戦場」

常在戦場2018年(平成30年)、新潟県長岡は「開府400年」を迎えます。
これは、越後国長岡藩藩祖の牧野忠成(まきのただなり)が、越後長峰五万石を経て、元和四年(1618)に、長岡藩主になった時から始まります。
長岡藩は、以来牧野家の統治により明治維新まで250年にわたって生き残っていました。

牧野忠成のエピソードは、火坂雅志(ひさかまさし)さんの時代小説、『常在戦場』(文春文庫)に収められています。

家康の周囲には異能異才の者たちがいた。行商人ワタリの情報と絶対的な忠義で仕えた鳥居元忠、幾多の苦難に逢いながら男姿で井伊家の誇りを守り抜いた井伊直虎、馬上の局と呼ばれ戦場にまで赴いた阿茶の局、「利は義なり」の志で富をもたらした角倉了以など七人の家康の家臣を描く短篇小説集。


慶長五年(1600)、牧野忠成は関ヶ原に向かう徳川秀忠率いる徳川軍三万八千人に、父康成と加わっています。
ところが、信州上田城に籠る真田昌幸・信繁に対して、功を焦り軍令違反の失態を犯し、その末に出奔します。

「戦いは、槍働きのみにえするものではない。まして功名も、合戦場のみに落ちているものではない。家門の恥辱をそそぎたくば、手柄を挙げよ、忠成」
「しかし、天下分け目の合戦はすでに終わりました。もはや、手柄を挙げる場は……」
「たったいま申したではない、功名の機会は、そなたがその気になればどこにでも転がっておると」
(『常在戦場』「常在戦場」P.316より)


物語では、出奔から戻った忠成が家康に声をかけられ、以来死ぬ気になって「常在戦場」の精神で、汚名返上に活躍する姿が描かれています。

「常在戦場の精神」はその後も忠成が整備した城下町長岡で人々の心に生き続けています。
幕末維新や太平洋戦争による長岡空襲の戦禍や新潟県中越地震などの天災に見舞われながらも不死鳥のように復興を果たしてきたことにつながっているように思われます。

■Amazon.co.jp
『常在戦場』


長岡開府400年記念事業実行委員会の公式ホームページ|ROOTS400

下総国十一万石の城下町、佐倉を散歩する

胡蝶の夢(一)春のある日、千葉県の佐倉を訪れました。
佐倉は2度目で、前回は国立歴史民俗博物館(歴博)で時間を多く取り過ぎて佐倉城址公園を見て帰ってきました。
今回は、京成本線の京成佐倉駅を出発して、観光協会でレンタサイクルを借りて、佐倉順天堂記念館、旧堀田邸、武家屋敷、そしてDIC川村記念美術館を回るルートにしました。

佐倉行きを思い立ったのは、AmazonプライムでTVドラマ「JIN -仁-」【TBSオンデマンド】を見たこと。2009年10月にTBSで放送されたときに見ていなかったこともあって今更ながらに、感動してはまってしまいました。

佐倉順天堂記念館 佐倉は、主人公の南方仁(みなかたじん)が勤めていた東都大学付属病院のモデルとなった順天堂病院の創立の地であり、佐倉順天堂記念館があります。
記念館では、手術器具や療治定(治療別の料金表)が展示され、順天堂で膀胱穿刺、帝王切開、乳がん摘出など、当時としては最高水準の医術が実施されていたことを伝えています。

千葉県佐倉市本町81


また、最後の佐倉藩主・堀田正倫(ほったまさとも)の邸宅・旧堀田邸はTVドラマ「JIN -仁-」のロケ地に使用されていました。

さて、佐倉順天堂が登場する時代小説に、司馬遼太郎さんの『胡蝶の夢』があります。
蘭方医・松本良順と弟子で伊之助を中心に、蘭学という時代を先取りした若者たちの眼を通して幕末維新を描いた歴史長編です。

 数日後の朝、伊之助はようやく相州屋を出た。べつに悪びれた様子もない。
 本町の順天堂までは、さほどかからなかった。
(これが順天堂か)
 門前に立って玄関を見すかした。気勢い立っているわけでもなく、ただ見ただけのことである。物事の前後に気を使う感覚がにぶいために、薄気味わるいほど冷静である。
(『胡蝶の夢(一)』P.255より)


佐倉の蘭方医学塾「順天堂」は、当時、「蘭方医学を学ぶなら佐倉にゆけ」といわれ、大坂の緒方洪庵の「適塾」と並んで、日本における二大蘭学塾となっていました。
江戸から佐倉に移り住んで、順天堂を創設したのが、『胡蝶の夢』の主人公松本良順の父、佐藤泰然です。

物語では、良順は、故あって江戸に居られなくなった伊之助を佐倉の順天堂に託します。
蘭方医学の研究と発展にチャレンジングに取り組む良順と、語学の天才ながら特異の性格のために周囲に受け入れられず挫折を繰り返す伊之助、二人の波瀾に満ちた生きざまが描かれていきます。


■Amazon.co.jp
『JIN -仁-【TBSオンデマンド】』(Amazonプライム)
『胡蝶の夢(一)』(司馬遼太郎・新潮文庫)


日曜劇場「JIN -仁-」|TBS番組表

「2017年4月の新刊 下」をアップ

乗合船 慶次郎縁側日記2017年4月21日から4月30日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リスト「2017年4月の新刊 下」を掲載しました。

今回注目するのは、新潮文庫です。

北原亞以子さんの『乗合船 慶次郎縁側日記』は、2013年に逝去した著者の傑作シリーズの最終巻です。

かつて「仏」と呼ばれた腕利き定町廻り同心森口慶次郎は、最愛の娘を不幸な事件で亡くした傷を心に隠し、家督を婿養子の晃之助に譲り、根岸で隠居の身。今日も江戸の市井の人々の苦しみに耳を傾け、解決のみちすじをさりげなく示すのだった。そんな慶次郎の元に、婿養子の晃之助が急襲されたとの一報が届くが……。


これで「慶次郎縁側日記」シリーズの新作が読めなくなると思うと、寂しさが募ります。
いつも以上に作品の世界に浸っていたいと思います。

青山文平さんの『春山入り』は、藩命により友を斬るための刀を探す武士の胸中を描く表題作をはじめ、短篇6篇を収録した珠玉の武家小説集。『約定』(新潮社・2014年8月刊)を改題したものです。

■Amazon.co.jp
『乗合船 慶次郎縁側日記』
『春山入り』


→2017年4月の新刊 下

『文蔵 2017.5』のブックガイドは、小説で感じる「乗り物の魅力」

『文蔵 2017.5』『文蔵 2017.5』(PHP研究所・PHP文芸文庫)のブックガイドは、電車、バスから船、人力車まで 小説で感じる「乗り物の魅力」 です。

書評家の大矢博子さんが、鉄道、車、船・飛行機、その他と、乗り物別におすすめの乗り物小説をガイドします。その守備範囲はミステリから歴史、社会、人間模様、SFまで、実に多岐にわたっています。

時代小説ファンとしてうれしいのは、江戸や明治の乗り物である、駕籠や馬車まで取り上げていること。山本一力さんの『深川駕籠』や山田風太郎さんの『幻燈辻馬車』を紹介しています。

■Amazon.co.jp
『文蔵 2017.5』(PHP文芸文庫)
『深川駕籠』(祥伝社文庫)
『幻燈辻馬車』(角川文庫)

⇒『文蔵』ホームページ