決戦の舞台は江戸城。将軍を守るために綱重は剣をとる

鷹井伶(たかいれい)さんの文庫書き下ろし時代小説、『暴れ宰相 徳川綱重 江戸城騒乱』がコスミック・時代文庫から刊行されました。 徳川綱重は、強きをくじき弱きを助けることから、「浜の金平」と呼ばれ、庶民の人気者。 豊臣秀頼の正室千姫に育てられ、秀頼の血を引く侍女保良(ほら)を側室に向かえて、世継ぎの虎松をもうけていた。だが、虎松に豊臣の血が流れていることに、綱重は一抹の不安を抱いていた。 悪い予感は…⇒続きを読む