将軍就任要請を辞退した、家光の孫が悪を斬る!

誉田龍一(ほんだりゅういち)さんの文庫書き下ろし時代小説、『将軍を蹴った男 松平清武江戸奮闘記』がコスミック・時代文庫から刊行されました。 次期将軍の第一候補者でありながら、権利をあっさりと放棄した、上州館林藩主松平清武。清武は、三代将軍家光の孫にして六代家宣 …