帝都叛乱!二・二六事件にかかわった五人の物語

植松三十里(うえまつみどり)さんの長編小説、『雪つもりし朝 二・二六の人々』がKADOKAWAから刊行されました。 作家である「私」は、国立新美術館を訪れた。そこで軍服姿の不思議な男を見かけた。美術館のある場所は、一九三六年に起こった「二・二六事件」のゆかりの …